teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 管理人メモ(83)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:98/10505 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

週末のニューヨーク株

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月26日(月)07時54分2秒
  通報 返信・引用
  ■NY株式:米国株はまちまち、追加経済対策の早期の合意期待が後退

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は28.09ドル安の28335.57ドル、ナスダックは42.28ポイント高の11548.28ポイントで取引を終了した。

10月製造業PMI速報値の改善を好感し寄り付き後上昇した。しかし、経済対策を巡る交渉でムニューシン米財務長官が、前進はしたがペロシ議長の譲歩が得られず、「依然、著しい相違が残る」と述べ早期合意期待が後退し、下落に転じた。不透明感から引けにかけても軟調に推移。ナスダック総合指数は上昇した。セクター別では、メディア・娯楽、小売りが上昇した一方で、半導体・同製造装置が下落。

玩具メーカーのマテル(MAT)は、第3四半期決算が予想を上回り急伸。製薬大手ギリアド・サイエンシズ(GILD)は米食品医薬品局(FDA)が、新型コロナウイルス治療薬として、同社の「レムデシビル」を正式承認したことが好感され上昇した。一方、半導体のインテル(INTC)やクレジットカード会社のアメリカン・エクスプレス(AXP)は第3四半期決算が冴えず大きく売られた。エクソン(XOM)やシェブロン(CVX)はバイデン大統領候補が討論会でエネルギーにおいて石油産業から再生エネルギーに移行する方針を示したことを背景に下落。

経済対策を巡る交渉では、トランプ大統領は資金の運営を誤った州・地方政府を支援するつもりはないと断固とした姿勢を示した。

(Horiko Capital Management LLC)


■NY為替:ドル・円は伸び悩み、追加経済対策の早期合意期待は後退

23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円65銭から104円88銭まで上昇して104円70銭で引けた。米国の10月製造業PMI、サービス業PMI速報値の改善を好感してドル買いが強まったが、ムニューシン米財務長官が米追加経済対策を巡って、「ペロシ議長による譲歩なく、いまだに著しい相違が残る」と伝えたことから、早期合意期待は後退し、ドルは伸び悩んだ。

ユーロ・ドルは1.1825ドルまで下落後、1.1865ドルまで反発し、1.1860ドルで引けた。ユーロ・円は123円97銭まで下落後、124円23銭まで上昇。ポンド・ドルは1.3122ドルまで上昇後、1.3019ドルまで反落。英国と欧州連合(EU)の離脱を巡る通商交渉で主要問題である漁業権問題でフランスが妥協する用意があると報じられたため、合意期待にポンド買いが強まった。ただ、英中銀の追加緩和観測を受けたポンド売りも観測された。ドル・スイスは0.9034フランまで下落後、0.9071フランへ反発した。
 
 
》記事一覧表示

新着順:98/10505 《前のページ | 次のページ》
/10505