teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 管理人メモ(83)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:95/10498 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

104円をブレイクしたら102円台も視野

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月23日(金)02時48分50秒
  通報 返信・引用 編集済
  ドルは下げ一服 ドル円も104円台後半まで戻す=NY為替前半
為替 2020/10/23(金) 02:29

 きょうのNY為替市場、ドル円は買い戻しが優勢となっており、104円台後半まで戻している。きょうの為替市場はドル買い戻しが見られる中で、ドル円も追随している状況。ただ、ドルを買い戻す特段の材料は見られていない。前日の下げが急だったことから値ごろ感の買い戻しとみられる。米追加経済対策の協議が続いているが、市場は合意への期待感が高まっている。

 先ほどペロシ米下院議長の発言が伝わっていたが、「追加経済対策の合意が、すぐそこにある。今週は協議に進展が見られている」と述べていた。米大統領選前に米追加経済対策が合意できれば、ポジティブ・サプライズとなりそうだが、その場合でも為替市場のシナリオはドル安で、ドル円の上値は抑えられる。きょうはドル円も買戻しが見られているものの、ブレイクした105円は重そうだ。

 前日のドル円は104.35円付近まで下落した。目先は9月安値の104円ちょうどが下値サポートとして意識される。テクニカル勢からは、その水準をブレイクすれば、底割れとなり、トラップドア効果から、102円台まで一気に下落するリスクもあるとの声も聞かれる。しかし、短期筋の急速なショート・ポジションの積み上がりも想定され、ショートカバーのきっかけになるとの見方もあるようだ。

 ユーロドルは1.18ドル台前半に伸び悩む展開がみられている。前日は1.1880ドル近辺まで急上昇し、21日線を上放れる展開が続いている。大きな節目として意識されている1.20ドルを再び試しそうな気配を見せているが、EUでは感染第2波の拡大が続いており、景気の先行き不安から、インフレ期待も後退しており、市場ではECBの追加緩和期待が高まっている。

 ファンダメンタルズ的にはユーロを買う材料はない。それを反映してか、ヘッジファンドはユーロのロングポジションを減らす動きが見られている。先週末に公表になったCFTC建玉報告によると、レバレッジ・ファンドのユーロの買い越しが大幅に縮小しており、10月13日時点で6892枚と、この2カ月で最も低い水準まで縮小させていた。ただ、目先はドル安の潮目に変化があるとも思われず、ユーロドルは1.20ドルに向かって堅調に推移するものとみられている。

 ポンドドルも上げが一服しており、1.30ドル台に値を落としている。ただ、英国とEUとの貿易交渉が再開しており、合意への期待も根強くあり、ポンドは、しばらく上値追いの展開が続くとの見方が多い。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美
 
 
》記事一覧表示

新着順:95/10498 《前のページ | 次のページ》
/10498