teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 管理人メモ(82)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:41/9711 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アメリカダウ

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2019年10月17日(木)08時26分31秒
  通報 返信・引用
     16日の米国市場ダイジェスト:NYダウ22ドル安、米経済の鈍化懸念を嫌気


■NY株式:NYダウ22ドル安、米経済の鈍化懸念を嫌気

米国株式相場は下落。ダウ平均は22.82ドル安の27001.98、ナスダックは24.52ポイント安の8124.18で取引を終了した。9月小売売上高が予想外の減少となり、売りが先行。一部の主要企業決算が好感され、下げ幅を縮小したものの、地区連銀経済報告(ベージュブック)では、複数の企業が経済成長見通しを下方修正したことが示されたほか、米中協議の先行き不透明感も根強く軟調推移となった。セクター別では、エネルギーや半導体・半導体製造装置が上昇する一方で自動車・自動車部品や耐久消費財・アパレルが下落した。

クラウドアプリケーションを手掛けるワークデイ(WDAY)は、一部アナリストによる目標株価引き下げにより大幅下落。グラフィックソフトのアドビ・システムズ(ADBE)は、シティ・グループによる投資判断引き下げを受け軟調推移。一方で、航空大手のユナイテッド・コンチネンタル(UAL)は、通期見通しを引き上げ上昇。大手行のバンクオブアメリカ(BAC)は、決算内容が予想を上振れ、堅調推移となった。

医薬品のジョンソン&ジョンソン(JNJ)や医薬品卸売りのマケッソン(MCK)、カーディナル・ヘルス(CAH)、アメリソースバーゲン(ABC)などは、オピオイド系鎮痛剤の販売を巡る全ての訴訟を決着させるため、計200億ドル超の和解を提案したことが明らかとなり、各社とも上昇。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:ドル弱含み、米9月小売売上高は予想外の減少

16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円57銭まで下落後、108円85銭まで反発し、108円76銭で引けた。この日発表された米国の9月小売売上高は予想外の前月比-0.3%に落ち込んだほか、米中貿易部分合意への懐疑的見方は存続し、米債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1023ドルから1.1086ドルまで上昇し、1.1074ドルで引けた。離脱を巡り英国と欧州連合(EU)の合意期待が根強く、ユーロ買いは継続。ユーロ・円は、119円86銭から120円47銭まで上昇した。ポンド・ドルは、1.2733ドルから1.2877ドルまで上昇した。英議会との調整が難航する中、離脱巡る英国と欧州連合(EU)の根強い合意期待にポンド買いが継続。ドル・スイスは、0.9978フランから0.9946フランまで下落した。


■NY原油:反発、OPEC主導の協調減産継続への期待残る

16日のNY原油先物11月限は反発(NYMEX原油11月限終値:53.36 ↑0.55)。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産継続への期待で買いが優勢となった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比+0.55ドルの1バレル=53.36ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは52.51ドル-53.74ドル。










 
 
》記事一覧表示

新着順:41/9711 《前のページ | 次のページ》
/9711