teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 管理人メモ(82)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:63/9718 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

原油から見るアメリカ景気

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2019年10月 7日(月)07時53分3秒
  通報 返信・引用 編集済
  石油 |  2019年10月05日 04:31 JST
商品先物>> 石油関連ニュース

〔NY石油〕WTI、9日ぶりに反発(4日)





 【ニューヨーク時事】週末4日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米景気の先行きに対する過度の懸念が後退する中で買われ、9営業日ぶりに反発した。米国産標準油種WTIの中心限月11月物の清算値は前日比0.36ドル(0.69%)高の1バレル=52.81ドルだった。12月物は0.38ドル高の52.74ドルとなった。  前日まで8日続落した反動から安値拾いの買いが入った。米労働省が4日発表した9月の雇用統計によると、景気動向を示す非農業部門の就業者数は、前月から13万6000人増加と前月から減速し、増加幅は市場予想を下回った。ただ、失業率は3.5%と1969年12月(3.5%)以来49年9カ月ぶりの水準に低下。全体として懸念されたほど悪くない内容だったと受け止められ、原油を支えた。  ただ、高値圏では上値の重さが意識された。米製造業の不振が懸念される中で、雇用統計でも製造業の低迷が再確認され、積極的に買い上がる動きにはならなかった。 ▽ガソリン=続伸。中心限月の11月物の清算値は1.75セント高の1ガロン=157.34セント。 ▽ヒーティングオイル=続伸。11月物の清算値は1.85セント高の1ガロン=189.45セント。(了) [時事通信社]

アメリカにチャートを見ると、窓を開けて大きく下がった株価の窓埋めなので、今夜下がったら相当に危ない。

テクニカルで都合の悪い事は言わないから、全く分りませんね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:63/9718 《前のページ | 次のページ》
/9718