teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 管理人メモ(83)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


もう 一つ

 投稿者:あこぎ屋捻  投稿日:2020年10月30日(金)11時41分41秒
返信・引用
  先日 NHKで 放映されたけど

いま あの韓国が 株式投資ブームらしい
日本のいろいろな規制によって

韓国は経済が苦しいと
思ってたら・・・・

フェイクとかしか思えない
GDPは日本を 追い越してるし
不動産価格は高騰してるし
株も高値になってるらしい

私からいえば 「えーっ 嘘でしょう」
としか言えない

株などは 年取ってる人と思ってたら
なんと若者たちなのだ

日本の若者は金がないから結婚もできない
というのとは真逆なのである

あのNHKが 放映するのだから
嘘とは思えない
 
 

あと 一つ

 投稿者:あこぎ屋捻  投稿日:2020年10月30日(金)11時13分23秒
返信・引用 編集済
  先日 電子書籍リーダーについて
書きましたが
はっきり言って あまり
おすすめできません

あえて 本を 読むとするならば
PCで アプリを ダウンロードして
書籍を読んだ方がいいような気が
いたします

アマゾンが今季大幅増益と
言ってますが ちょっと
首を傾げますね(笑い)
 

ゆめかざりさん 覚えていて恐縮です

 投稿者:あこぎ屋捻  投稿日:2020年10月30日(金)10時59分6秒
返信・引用
  大幅増益とは知りませんでした

ただ 今朝PCを開いたら
買い気配が ストップ高に
張り付いてたので びっくりしました

最近は 動きが小さいやら
高速取引の売り買いが引っ付いて
なかなか 思うように獲物に
ありつけません

二部や新興株を 静かに待ち伏せするのが
一つの楽しみです(笑)

ゆめかざりさんも 同じと
お見受け致します
 

★★スガイ化学工業 <4120> [東証2]

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月30日(金)08時10分40秒
返信・引用
  ★★スガイ化学工業 <4120> [東証2]
上期経常を98%上方修正。

すごい発表だと思うのですが、あこぎ屋さんどうなのでしょう?、織り込み済みなのか、全く予想外なのか?。
 

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比20円安の23300円

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月30日(金)08時05分20秒
返信・引用
  ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比20円安の23300円

ADR(米国預託証券)の日本株は、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、富士通<6702>、資生堂<4911>、AGC<5201>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、セコム<9735>、オムロン<6645>、日東電<6988>が冴えないなど、対東証比較(1ドル104.63円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円安の23300円。

米国株式相場は反発。ダウ平均は139.16ドル高の26659.11ドル、ナスダックは180.73ポイント高の11185.59ポイントで取引を終了した。原油価格の下落を警戒し寄り付き後に下落した。しかし、7-9月期GDP速報値が4-6月期の過去最大の落ちこみから予想以上の回復を示し過去最大の伸びを記録したほか、週次新規失業保険申請件数も予想以上に減少し回復期待が広がったことに加え、新型コロナウイルスの治療薬やワクチン開発期待から上昇に転じた。引け後に予定されている主要ハイテク決算への期待も高く堅調に推移した。

29日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円23銭から104円73銭まで上昇して引けた。米7-9月期GDP速報値は4-6月期の過去最大の落ちこみから予想以上の回復を示したことや、米週次新規失業保険申請件数が予想以上に減少したため、回復期待が強まった。米国債利回りは上昇し、ドル買いに拍車がかかった。ユーロ・ドルは1.1717ドルから1.1650ドルまで下落し、1.1673ドルで引けた。新型コロナウイルスの再流行でドイツやフランスが規制を強化したことに加え、欧州中央銀行(ECB)が定例理事会で予想通り大規模緩和を据え置き、ラガルド総裁が12月の追加緩和を明確化したため、ユーロ売りに拍車がかかった。

NY原油先物12月限は大幅続落(NYMEX原油12月限終値:36.17 ↓1.22)。
 

今朝の注目ニュース! ★Jストリーム、スガイ、エヌシーエヌなどに注目!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月30日(金)07時56分23秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★Jストリーム、スガイ、エヌシーエヌなどに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、今期経常を2倍上方修正・最高益予想を上乗せしたJストリーム <4308> 、上期経常を98%上方修正したスガイ <4120> 、今期経常を一転5%増益に上方修正したエヌシーエヌ <7057> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★イメージ ワン <2667> [JQ]
富山大学、RMDC社と細胞組織培養技術及び全自動細胞培養装置の共同研究を開始。

★★信和 <3447>
上期税引き前を2.1倍上方修正、通期も増額、配当も6円増額。

★★パス <3840> [東証2]
子会社アルヌールを新設。微細藻由来有用成分の供給体制を構築し、それらを競争力とした化粧品の新商品開発を行う。

★★スガイ化学工業 <4120> [東証2]
上期経常を98%上方修正。

★★セプテーニ・ホールディングス <4293> [JQ]
前期最終が上振れ着地・今期は24%増益へ。

★★Jストリーム <4308> [東証M]
今期経常を2倍上方修正・最高益予想を上乗せ。

★★JMDC <4483> [東証M]
上期税引き前を一転29%増益に上方修正・最高益、通期も増額。

★★ダスキン <4665>
今期経常を一転黒字に上方修正。

★★デクセリアルズ <4980>
今期経常を一転55%増益に上方修正。

★★ニチレキ <5011>
今期経常を一転29%増益に上方修正・7期ぶり最高益、配当も2円増額。

★★日本鋳鉄管 <5612>
今期経常を57%上方修正。発行済み株式数(自社株を除く)の2.52%にあたる8万3000株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施する。

★★大崎電気工業 <6644>
上期経常を3.7倍上方修正。

★★アドバンテスト <6857>
今期税引き前を15%上方修正。

★★日本アビオニクス <6946> [東証2]
今期経常を2.5倍上方修正。

★★エヌ・シー・エヌ <7057> [JQ]
今期経常を一転5%増益に上方修正。

★★ジーエルサイエンス <7705> [東証2]
上期経常を40%上方修正・2期ぶり最高益更新へ。

★★オカムラ <7994>
上期経常を3.2倍上方修正。

★★島忠 <8184>
ニトリホールディングス <9843> がTOB(株式公開買い付け)を実施する。TOB価格は1株5500円で29日終値を8.7%上回る水準。買付開始は11月中旬を目指す。

★★KADOKAWA <9468>
非開示だった今期経常は25%増で5期ぶり最高益、未定だった配当は30円実施。

★ZOZO <3092>
上期経常が53%増益で着地・7-9月期も75%増益。

★パピレス <3641> [JQ]
上期経常を68%上方修正・2期ぶり最高益、通期も増額。

★保土谷化学工業 <4112>
非開示だった今期経常は47%増益、未定だった配当は50円実施。

★積水化成品工業 <4228>
上期経常を一転黒字に上方修正。

★AGC <5201>
今期営業を38%上方修正、未定だった配当は120円実施。

★ルネサスエレクトロニクス <6723>
7-9月期(3Q)税引き前は2.4倍増益、未定だった今期配当は無配継続。

★セイコーエプソン <6724>
今期税引き前を71%上方修正。

★ファナック <6954>
今期経常を2倍上方修正。

神戸物産 <3038>
9月の売上高は前年同期比15.9%増の274億円、営業利益は同36.7%増の16.4億円。

有沢製作所 <5208>
今期経常を32%上方修正、配当を34円に修正。発行済み株式数の5.49%にあたる200万株の自社株を消却する。消却予定日は11月30日。

オムロン <6645>
今期税引き前を40%上方修正、未定だった配当は84円実施。

能美防災 <6744>
上期経常を83%上方修正。

ソフィアホールディングス <6942> [JQ]
新型コロナウイルス感染症対策における予防接種管理システム「Air Clinics」を共同開発する。

ノジマ <7419>
上期経常は3.4倍増益で着地、今期配当を4円増額修正。

マーベラス <7844>
ニンテンドースイッチ用ソフト「牧場物語 オリーブタウンと希望の大地」を21年2月に発売する。

ベルーナ <9997>
今期経常を一転28%増益に上方修正。

 【悪材料】  ――――――――――――

★サイオス <3744> [東証2]
今期経常を一転53%減益に下方修正。

★マンダム <4917>
今期経常を一転赤字に下方修正。

★NEC <6701>
上期税引き前が58%減益で着地・7-9月期も32%減益。

オリエンタルランド <4661>
非開示だった今期最終は赤字転落、未定だった配当は18円減配。

マクセルホールディングス <6810>
今期最終を一転赤字に下方修正。

スタンレー電気 <6923>
上期経常は61%減益で着地。

ローム <6963>
非開示だった今期経常は36%減益へ。

京セラ <6971>
上期税引き前が43%減益で着地・7-9月期も55%減益。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

E・Jホールディングス <2153>
11月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。今期配当を実質増額修正。一方、62万8400株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限15万株の第三者割当増資を実施するほか、自己株式処分による37万1600株の株式売り出しを行う。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。10月29日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2020年10月30日]

株探ニュース
 

ダウ平均は943.24ドル安の26519.95ドル、ナスダックは426.48ポイント安の11004.87ポイント

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月29日(木)08時05分45秒
返信・引用
  ダウ平均は943.24ドル安の26519.95ドル、ナスダックは426.48ポイント安の11004.87ポイントで取引を終了した。欧米で新型コロナウイルスの流行が再拡大しており、欧州最大経済のドイツや第2位のフランスがパンデミック対策で規制を再び強化したため世界経済の見通しが悪化し寄り付きから下落した。大統領選への不透明感も手伝い投資家が保有株を手仕舞う動きに拍車がかかり終日軟調推移となった。

28日のニューヨーク外為市場でドル・円は104円45銭まで買われた後、104円21銭まで反落して104円33銭で引けた。欧米の新型コロナウイルス感染者数の急増で規制強化による世界経済の悪化懸念にリスク回避の円買いが優勢となった。ユーロ・ドルは1.1718ドルまで下落後、1.1760ドルまで反発して1.1748ドルで引けた。域内の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、欧州中央銀行(ECB)による追加緩和観測が広がった。その後、ドイツの規制が想定よりも厳しいものではなかったため、ユーロ売りは一段落した。
 

今朝の注目ニュース! ★アスコット、Jエスコム、A&Tなどに注目!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月29日(木)07時58分34秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★アスコット、Jエスコム、A&Tなどに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、SBIホールディングス <8473> と資本業務提携するアスコット <3264> 、中国での事業拡大に向けて中企連控股集団と業務提携するJエスコム <3779> 、トクヤマ <4043> が株式交換によって完全子会社化するA&T <6722> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★アスコット <3264> [JQ]
SBIホールディングス <8473> と資本業務提携。

★★THEグローバル社 <3271>
SBIホールディングス <8473> と業務提携。また、アスコット <3264> [JQ]を引受先とする1470万5000株の第三者割当増資を実施する。

★★ジェイ・エスコムホールディングス <3779> [JQ]
中国での事業拡大に向けて中企連控股集団と業務提携。

★★PKSHA Technology <3993> [東証M]
メドピア <6095> と製薬企業に特化してアルゴリズムソリューションを展開する合弁会社を設立する。

★★大日本住友製薬 <4506>
今期最終を一転3%増益に上方修正。

★★ストリームメディアコーポレーション <4772> [JQG]
韓国NAVERを引受先とする869万3480株の第三者割当増資を実施する。発行価格は317円。

★★メルコホールディングス <6676>
上期経常が15%増益で着地・7-9月期も40%増益。発行済み株式数(自社株を除く)の10.77%にあたる180万株(金額で45億円)を上限に自社株買いを実施する。

★★エイアンドティー <6722> [JQ]
トクヤマ <4043> が株式交換によって完全子会社化する。21年2月1日付で同社株1株に対し、トクヤマ株0.68株を割り当てる。

★★コプロ・ホールディングス <7059>
上期経常を31%上方修正、通期も増額。

★★PLANT <7646>
前期経常を3倍上方修正、配当も15円増額。

★★松風 <7979>
上期経常を3.6倍上方修正、通期も増額。

★ナフコ <2790> [JQ]
今期経常を56%上方修正・最高益予想を上乗せ。

★LINE <3938>
1-9月期(3Q累計)営業が黒字浮上で着地・7-9月期も黒字浮上。

★田岡化学工業 <4113> [東証2]
今期経常を21%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も10円増額。

★日本電気硝子 <5214>
今期経常を36%上方修正。

★小松製作所 <6301>
今期税引き前を18%上方修正、配当も7円増額。

★ソニー <6758>
今期最終を一転37%増益に上方修正。

★タカラトミー <7867>
上期経常を3.2倍上方修正。

東洋水産 <2875>
上期経常を27%上方修正・11期ぶり最高益、通期も増額。

ココカラファイン <3098>
上期経常を2倍上方修正、通期も増額。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント <3765>
ニンテンドースイッチ用ソフト「ニンジャラ」が500万ダウンロードを突破。

ジーダット <3841> [JQ]
AIを用いたアナログ回路合成研究開発プロジェクトが科学技術振興機構の研究成果最適展開支援プログラムに採択。

イビデン <4062>
上期経常は90%増益で上振れ着地。

日本カーバイド工業 <4064>
上期経常を5.5倍上方修正。

理研ビタミン <4526>
東証が監理銘柄(確認中)の指定を解除。

大日本塗料 <4611>
今期経常を32%上方修正。

SBテクノロジー <4726>
上期経常が18%増益で着地・7-9月期も15%増益。

フコク <5185>
今期経常を一転黒字に上方修正、配当も5円増額。

MARUWA <5344>
上期経常は一転11%増益で上振れ着地。

大紀アルミニウム工業所 <5702>
今期経常を47%上方修正。

アサヒホールディングス <5857>
上期税引き前が76%増益で着地・7-9月期も88%増益。

横河ブリッジホールディングス <5911>
今期経常を8%上方修正・3期ぶり最高益、配当も7円増額。

日進工具 <6157>
上期経常を56%上方修正、未定だった配当は20円減配。

アイチコーポレーション <6345>
今期経常を一転6%増益に上方修正、配当も2円増額。

日新電機 <6641>
上期経常を一転46%増益に上方修正。

フタバ産業 <7241>
今期最終を一転黒字に上方修正。

太平洋工業 <7250>
今期経常を2.2倍上方修正。

小糸製作所 <7276>
今期経常を43%上方修正。

SBIホールディングス <8473>
アスコット <3264> [JQ]の第三者割当増資引き受けを通じ、中国平安グループと不動産関連事業領域で業務提携。

日立物流 <9086>
7-9月期(2Q)税引き前は36%増益、今期配当を4円増額修正。

メタウォーター <9551>
今期経常を17%上方修正・最高益予想を上乗せ。

 【悪材料】  ――――――――――――

★★ぐるなび <2440>
非開示だった今期最終は赤字転落、未定だった配当は無配転落。

★★フューチャー <4722>
今期最終を20%下方修正。

花王 <4452>
1-9月期(3Q累計)税引き前が20%減益で着地・7-9月期も29%減益。

サイバーエージェント <4751>
今期経常は4%減益、前期配当を1円増額・今期は3円増配へ。

アマノ <6436>
上期経常が59%減益で着地・7-9月期も40%減益。

日立製作所 <6501>
今期税引き前を5%下方修正。

SCREENホールディングス <7735>
7-9月期(2Q)経常は55%減益。

東日本旅客鉄道 <9020>
上期経常が赤字転落で着地・7-9月期も赤字転落。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

野村ホールディングス <8604>
7-9月期(2Q)税引き前は35%減益。発行済み株式数の7.4%にあたる2億6000万株の自社株を消却する。消却予定日は12月1日。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。10月28日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2020年10月29日]

株探ニュース
 

ダウ平均は222.19ドル安の27463.19ドル、ナスダックは72.41ポイント高の11431.35ポイント

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月28日(水)08時16分18秒
返信・引用
  ダウ平均は222.19ドル安の27463.19ドル、ナスダックは72.41ポイント高の11431.35ポイントで取引を終了した。10月消費者信頼感指数が、前月からの上昇予想に反して低下したため、経済をけん引する個人消費への懸念が広がり下落して寄り付いた。フランスで新型ウイルス感染死者数が4月来の高水準に達するなど、ウイルス拡大への警戒感に加えて、早期の追加経済対策への期待も後退し、引けにかけては下げ幅を拡大した。

27日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円67銭から104円39銭まで下落して104円46銭で引けた。米10月消費者信頼感指数は上昇予想に反して下落したこと、新型コロナウイルスの再拡大や早期追加経済対策成立への期待が後退し、米債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。ユーロ・ドルは1.1839ドルまで上昇後、1.1793ドルまで反落して1.1795ドルで引けた。フランスの新型コロナ感染死者が4月来の高水準を記録するなど拡大がおさまらず、マクロン大統領が全国的な経済封鎖に踏み切るとの懸念でユーロ圏の成長見通しは悪化し、ユーロ売りが再燃した。
 

今朝の注目ニュース!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月28日(水)08時07分1秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★医学生物、エムケー精工、さくらネットなどに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、JSR <4185> がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指す医学生物 <4557> 、今期経常を一転4%増益に上方修正のエムケー精工 <5906> 、上期経常は一転58%増益で上振れ着地のさくらネット <3778> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★さくらインターネット <3778>
上期経常は一転58%増益で上振れ着地。

★★医学生物学研究所 <4557> [JQ]
JSR <4185> がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指す。TOB価格は1株4400円で27日終値を23.8%上回る水準。買い付け期間は10月28日から12月10日まで。

★★リボミック <4591> [東証M]
「RBM-007」の滲出型加齢黄斑変性症を対象とした米国での第2相臨床試験が順調に進捗するなか、長期的な薬理作用に関する知見を得る目的で追加試験を実施する。

★★エムケー精工 <5906> [JQ]
今期経常を一転4%増益に上方修正。

★★ウイルテック <7087> [東証2]
上期営業を一転黒字に上方修正。

★★エクセディ <7278>
今期最終を一転黒字に上方修正、未定だった配当は30円減配。

★★シマノ <7309>
今期経常を14%上方修正。

★★池田泉州ホールディングス <8714>
上期経常を2.2倍上方修正。

★★長大 <9624>
前期経常を一転9%増益に上方修正・最高益、配当も14円増額。

★★NCS&A <9709> [東証2]
発行済み株式数(自社株を除く)の9.54%にあたる175万株(金額で8億2075万円)を上限に、28日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施。また、200万株の自社株を11月30日付で消却する。上期経常は16%減益も対通期進捗は過去平均を超過。

★★マキヤ <9890> [JQ]
上期経常を2.3倍上方修正・9期ぶり最高益更新へ。

★アルコニックス <3036>
上期経常を2.1倍上方修正、通期も増額。

★バイク王&カンパニー <3377> [東証2]
東証が28日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

★グリー <3632>
7-9月期(1Q)経常は66%増益で着地。

★日本化薬 <4272>
上期経常を46%上方修正。

★マクアケ <4479> [東証M]
今期経常は21%増で2期連続最高益更新へ。

★ファルコホールディングス <4671>
上期経常を一転8%増益に上方修正。

★新光電気工業 <6967>
今期経常を34%上方修正。

ユアテック <1934>
非開示だった今期経常は9%増益へ。

MonotaRO <3064>
1-9月期(3Q累計)経常が27%増益で着地・7-9月期も35%増益。

駅探 <3646> [東証M]
MaaS社会実装推進フォーラムへ加入。

エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート <3850> [東証2]
弁護士ドットコム <6027> [東証M]が提供する「クラウドサイン」とプロダクト連携。官民で広がる「脱ハンコ、ペーパーレス」に向けたプロセス全体のデジタル化を推進。

四国化成工業 <4099>
今期経常を6%上方修正。

プレステージ・インターナショナル <4290>
上期経常を一転1%増益に上方修正・最高益、通期も増額。

早稲田アカデミー <4718>
上期最終を一転黒字に上方修正。

タツタ電線 <5809>
今期経常を7%上方修正。

新東工業 <6339>
今期経常を一転黒字に上方修正。

オプテックスグループ <6914>
自動ドアの利用状況を遠隔モニタリングする国内初の自動ドアデータプラットフォームを提供開始。第一弾は自動ドア保守契約サービスに活用。

日本電子 <6951>
上期経常を一転34%増益に上方修正・14期ぶり最高益、通期も増額。

日本車輌製造 <7102>
今期経常を48%上方修正。

コメリ <8218>
上期経常は62%増益で着地、今期配当を3円増額修正。

カチタス <8919>
上期経常を一転2%増益に上方修正。

 【悪材料】  ――――――――――――

★★コア <2359>
非開示だった今期経常は11%減益、未定だった配当は27円実施。

★★イメージ ワン <2667> [JQ]
前期最終を赤字拡大に下方修正。

★★テセック <6337> [JQ]
非開示だった今期最終は赤字拡大へ。

★★FPG <7148>
前期経常を61%下方修正、配当も18.5円減額。

★日立建機 <6305>
上期税引き前が88%減益で着地・7-9月期も85%減益。

★富士通 <6702>
上期税引き前が16%減益で着地・7-9月期も44%減益。

★セキド <9878> [東証2]
東証と日証金が28日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

日清製粉グループ本社 <2002>
上期経常が10%減益で着地・7-9月期も8%減益。

山崎製パン <2212>
今期経常を19%下方修正。

野村不動産ホールディングス <3231>
7-9月期(2Q)経常は71%減益。

信越化学工業 <4063>
非開示だった今期経常は7%減益、未定だった配当は20円増配。

JSR <4185>
今期最終を24%下方修正。

科研製薬 <4521>
今期経常を13%下方修正。

サイボウズ <4776>
9月営業利益は前年同月比17%減の9400万円。

日本興業 <5279> [JQ]
上期経常が76%減益で着地・7-9月期は赤字転落。

日立金属 <5486>
今期税引き前を赤字拡大に下方修正。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。10月27日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2020年10月28日]

株探ニュース
 

同じ 流れで

 投稿者:あこぎ屋捻  投稿日:2020年10月27日(火)10時46分7秒
返信・引用
  三菱化工機  1994円 +64円

2000円大台 あと一息

http:// 

 

もう いいでしょう

 投稿者:あこぎ屋捻  投稿日:2020年10月27日(火)10時30分13秒
返信・引用
  加地テック 一時  2804円  +240円

上昇率は 大したことはないが ・・・・・

http:// 

 

NY株式:NYダウ650ドル安、新型コロナ拡大や追加経済対策の交渉行き詰まりを嫌気

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月27日(火)07時54分35秒
返信・引用
  NY株式:NYダウ650ドル安、新型コロナ拡大や追加経済対策の交渉行き詰まりを嫌気

米国株式相場は下落。ダウ平均は650.19ドル安の27685.38ドル、ナスダックは189.35ポイント安の11358.94ポイントで取引を終了した。欧米で新型コロナウイルス感染が一段と拡大し、一部欧州地域では規制強化で世界経済の見通しが悪化したため寄り付きから下落。さらに、米国大統領選への不透明感や追加経済対策の交渉行き詰まりで投資家心理がさらに悪化し、引けにかけて下げ幅を拡大した。セクター別では、エネルギーが大きく下げた。

航空会社のアメリカン(AAL)、ユナイテッド(UAL)、デルタ(DAL)やクルーズ運営のロイヤルカリビアン(RCL)、カーニバル(CCL)はウイルスの再流行が営業にさらに支障を与えるとの懸念に軒並み下落した。ドーナツチェーンなどのダンキン・ブランズ(DNKN)はプライベートエクイティー投資会社への身売り交渉を行っているとの報道を好感し急伸。バイオのミラティ・セラピューティクス(MRTX)は同社開発の肺癌治療薬を巡る治験の良好な結果を好感し急伸した。

クドロー国家経済会議(NEC)委員長はインタビューで、追加経済対策を巡る交渉が「膠着している」と認めたが、「終了していないことはプラス材料だ」と主張した。

 

★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月27日(火)07時52分43秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★DMソリュ、野村マイクロ、極東産機などに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、今期経常を一転2.1倍増益に上方修正・2期ぶり最高益更新のDMソリュ <6549> 、今期経常を67%上方修正・14期ぶり最高益、配当も20円増額の野村マイクロ <6254> 、前期経常を41倍上方修正の極東産機 <6233> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★イナリサーチ <2176> [JQ]
上期経常を一転黒字に上方修正。

★★セック <3741>
上期経常を26%上方修正、通期も増額。

★★ソフト99コーポレーション <4464> [東証2]
今期経常を一転7%増益に上方修正、配当も2円増額。

★★極東産機 <6233> [JQ]
前期経常を41倍上方修正。

★★野村マイクロ・サイエンス <6254> [東証2]
今期経常を67%上方修正・14期ぶり最高益、配当も20円増額。

★★ディーエムソリューションズ <6549> [JQ]
今期経常を一転2.1倍増益に上方修正・2期ぶり最高益更新へ。

★★ジーニー <6562> [東証M]
高速・高精度検索エンジンを開発・提供するビジネスサーチテクノロジの株式を取得し完全子会社化する。

★★ビジョナリーホールディングス <9263> [JQ]
5-7月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過。

★ヤマト <1967>
上期経常を35%上方修正。

★綿半ホールディングス <3199>
上期経常を29%上方修正、通期も増額。

★コーエーテクモホールディングス <3635>
非開示だった今期経常は32%増で4期連続最高益、未定だった配当は10.5円増配。また、3月31日現在の株主を対象に1→1.3の株式分割を実施する。

★積水化学工業 <4204>
上期経常を32%上方修正。

★キッセイ薬品工業 <4547>
上期経常を一転黒字に上方修正。

★アール・エス・シー <4664> [JQ]
今期経常を一転38%増益に上方修正。

★アサヒ衛陶 <5341> [東証2]
全国優良リフォーム会員を運営するColors Japanと業務提携。

★日東工業 <6651>
上期経常を一転7%増益に上方修正、通期も増額、配当も6円増額。

★イトーキ <7972>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.05%にあたる48万株(金額で1億6608万円)を上限に、10月27日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

★コクヨ <7984>
今期経常を34%上方修正。

不二家 <2211>
1-9月期(3Q累計)経常が92%増益で着地・7-9月期は黒字浮上。

ダイドーグループホールディングス <2590>
国内飲料事業の10月販売本数は前年同月比22.6%増。

マーチャント・バンカーズ <3121> [東証2]
エストニアの事業統括会社バルティック・フィンテック・ホールディングスを子会社化する。

CEホールディングス <4320>
前期経常を11%上方修正。

ジーンテクノサイエンス <4584> [東証M]
子会社日本再生医療が世界初の小児先天性心疾患患者を対象とした心臓内幹細胞「JRM-001」の第3相臨床試験で、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング <7774> [JQG]を治験製品製造所として追加。臨床試験の更なる加速を目指す。

オービック <4684>
上期経常が10%増益で着地・7-9月期も7%増益。

日本電産 <6594>
今期税引き前を9%上方修正。

日本トリム <6788>
上期経常を3倍上方修正、通期も増額。

日東電工 <6988>
今期税引き前を一転9%増益に上方修正。

萬世電機 <7565> [東証2]
上期経常を30%上方修正。

大垣共立銀行 <8361>
上期経常を一転23%増益に上方修正。

清水銀行 <8364>
上期経常を一転3%増益に上方修正。

穴吹興産 <8928>
マンション開発などを手掛けるセコムホームライフの全株式を取得し子会社化する。

トランコム <9058>
非開示だった今期経常は5%増で3期連続最高益、未定だった配当は6円増配。

ナガワ <9663>
今期経常を一転2%増益に上方修正、配当も10円増額。

ジェコス <9991>
上期経常が5%増益で着地・7-9月期も4%増益。

 【悪材料】  ――――――――――――

★★ネットワンシステムズ <7518>
第2四半期決算発表を延期。

★東京エレクトロン デバイス <2760>
上期経常が6%減益で着地・7-9月期も14%減益。

★DDホールディングス <3073>
非開示だった今期最終は赤字転落へ。

★アンジェス <4563> [東証M]
1-9月期(3Q累計)最終が赤字拡大で着地・7-9月期も赤字拡大。

★信越ポリマー <7970>
非開示だった今期経常は26%減益へ。

丸大食品 <2288>
上期経常を赤字拡大に下方修正。

栄研化学 <4549>
非開示だった今期経常は11%減益、未定だった配当は30円実施。

JCRファーマ <4552>
7-9月期(2Q)経常は5%減益。

木曽路 <8160>
非開示だった今期経常は赤字転落、未定だった配当は15円減配。

ピー・シー・エー <9629>
上期経常が46%減益で着地・7-9月期も59%減益。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

CIJ <4826>
7-9月期(1Q)経常は23%減益で着地。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の1.50%にあたる25万株(金額で2億7500万円)を上限に自社株買いを実施する。

ハイアス・アンド・カンパニー <6192>
東証が27日付で監理銘柄(確認中)の指定を解除。今期最終を一転赤字に下方修正、配当も無配転落。

キヤノン <7751>
今期税引き前を23%上方修正、未定だった配当は80円減配。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。10月26日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2020年10月27日]

株探ニュース
 

週末のニューヨーク株

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月26日(月)07時54分2秒
返信・引用
  ■NY株式:米国株はまちまち、追加経済対策の早期の合意期待が後退

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は28.09ドル安の28335.57ドル、ナスダックは42.28ポイント高の11548.28ポイントで取引を終了した。

10月製造業PMI速報値の改善を好感し寄り付き後上昇した。しかし、経済対策を巡る交渉でムニューシン米財務長官が、前進はしたがペロシ議長の譲歩が得られず、「依然、著しい相違が残る」と述べ早期合意期待が後退し、下落に転じた。不透明感から引けにかけても軟調に推移。ナスダック総合指数は上昇した。セクター別では、メディア・娯楽、小売りが上昇した一方で、半導体・同製造装置が下落。

玩具メーカーのマテル(MAT)は、第3四半期決算が予想を上回り急伸。製薬大手ギリアド・サイエンシズ(GILD)は米食品医薬品局(FDA)が、新型コロナウイルス治療薬として、同社の「レムデシビル」を正式承認したことが好感され上昇した。一方、半導体のインテル(INTC)やクレジットカード会社のアメリカン・エクスプレス(AXP)は第3四半期決算が冴えず大きく売られた。エクソン(XOM)やシェブロン(CVX)はバイデン大統領候補が討論会でエネルギーにおいて石油産業から再生エネルギーに移行する方針を示したことを背景に下落。

経済対策を巡る交渉では、トランプ大統領は資金の運営を誤った州・地方政府を支援するつもりはないと断固とした姿勢を示した。

(Horiko Capital Management LLC)


■NY為替:ドル・円は伸び悩み、追加経済対策の早期合意期待は後退

23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円65銭から104円88銭まで上昇して104円70銭で引けた。米国の10月製造業PMI、サービス業PMI速報値の改善を好感してドル買いが強まったが、ムニューシン米財務長官が米追加経済対策を巡って、「ペロシ議長による譲歩なく、いまだに著しい相違が残る」と伝えたことから、早期合意期待は後退し、ドルは伸び悩んだ。

ユーロ・ドルは1.1825ドルまで下落後、1.1865ドルまで反発し、1.1860ドルで引けた。ユーロ・円は123円97銭まで下落後、124円23銭まで上昇。ポンド・ドルは1.3122ドルまで上昇後、1.3019ドルまで反落。英国と欧州連合(EU)の離脱を巡る通商交渉で主要問題である漁業権問題でフランスが妥協する用意があると報じられたため、合意期待にポンド買いが強まった。ただ、英中銀の追加緩和観測を受けたポンド売りも観測された。ドル・スイスは0.9034フランまで下落後、0.9071フランへ反発した。
 

★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月26日(月)07時37分37秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★インパクト、ツインバード、SEHIなどに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、双日 <2768> と資本業務提携のインパクト <6067> 、米Global Coolingからフリーザーボックスを初期ロットとして前期販売台数の約2倍に相当する1000台を新規受注のツインバード <6897> 、非開示だった今期経常は36%増益のSEHI <9478> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★セレス <3696>
今期経常を40%上方修正・最高益予想を上乗せ。

★★大伸化学 <4629> [JQ]
今期経常を一転11%増益に上方修正。

★★アジュバンコスメジャパン <4929>
今期経常を67%上方修正。

★★東邦亜鉛 <5707>
今期経常を4.2倍上方修正。

★★インパクトホールディングス <6067> [東証M]
双日 <2768> と資本業務提携。双日を引受先とする15万6000株の第三者割当増資を実施する。

★★ツインバード工業 <6897> [東証2]
米Global Coolingからフリーザーボックスを初期ロットとして前期販売台数の約2倍に相当する1000台を新規受注。

★★村田製作所 <6981>
上期税引き前を一転7%増益に上方修正。

★★永大産業 <7822>
ヤマダホールディングス <9831> によるヒノキヤグループ <1413> のTOB成立に伴い、21年3月期第3四半期にヒノキヤG株式の売却益11億円を特別利益に計上する。

★★みちのく銀行 <8350>
上期経常を4.3倍上方修正。

★★SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ <9478> [JQ]
非開示だった今期経常は36%増益へ。

★ピーエス三菱 <1871>
上期経常を一転16%増益に上方修正・3期ぶり最高益、通期も増額。

★WOWOW <4839>
上期経常を一転63%増益に上方修正・最高益更新へ。

★めぶきフィナンシャルグループ <7167>
上期経常を34%上方修正。

★キヤノン電子 <7739>
今期経常を15%上方修正。

★キヤノンマーケティングジャパン <8060>
今期経常を12%上方修正、配当も10円増額。

B-R サーティワンアイスクリーム <2268> [JQ]
今期経常を81%上方修正。

クシム <2345> [東証2]
ゼタントと業務提携。ブロックチェーン技術を活用する領域で連携強化。

カワチ薬品 <2664>
今期経常を19%上方修正。

共和レザー <3553>
上期経常を赤字縮小に上方修正、通期も増額。

昭和パックス <3954> [JQ]
今期経常を25%上方修正。

伊勢化学工業 <4107> [東証2]
今期経常を5%上方修正。

フォーカスシステムズ <4662>
グループワークの話し合いをリアルタイムで見える化し、教育・研修を支援するシステムの共同研究に着手。

コニシ <4956>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.40%にあたる50万株(金額で7億3850万円)を上限に、10月26日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

寺岡製作所 <4987> [東証2]
上期経常を赤字縮小に上方修正。

コロナ <5909>
上期経常を一転黒字に上方修正。

川岸工業 <5921> [東証2]
前期経常を40%上方修正。

タメニー <6181> [東証M]
持ち分法適用関連会社であるエン婚活エージェントに事業の一部を譲渡。これに伴い、21年3月期第3四半期に譲渡益約1億円を特別利益に計上する。

アマノ <6436>
上期経常を20%上方修正。

富士通ゼネラル <6755>
上期経常が41%増益で着地・7-9月期も23%増益。

日本エム・ディ・エム <7600>
上期経常を51%上方修正。

グッドスピード <7676> [東証M]
SUVサブスクリプションサービス「NORIHO」を試験的に開始。

北國銀行 <8363>
上期経常を一転3%増益に上方修正。

東和銀行 <8558>
SBIホールディングス <8473> と地元企業向け共同ファンドの設立を含む戦略的業務提携強化で合意。

アコム <8572>
非開示だった今期経常は20%増益、未定だった配当は2円増配。

岩井コスモホールディングス <8707>
上期経常が66%増益で着地・7-9月期も53%増益。

鈴与シンワート <9360> [東証2]
東証が26日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

 【悪材料】  ――――――――――――

★★東京製鐵 <5423>
今期経常を14%下方修正。

★★エイアンドティー <6722> [JQ]
1-9月期(3Q累計)経常が63%減益で着地・7-9月期は赤字転落。

★ジェイ・エスコムホールディングス <3779> [JQ]
今期最終を一転赤字に下方修正。

★ウィザス <9696> [JQ]
非開示だった今期経常は52%減益、未定だった配当は16円実施。

三重交通グループホールディングス <3232>
非開示だった上期経常は赤字転落へ。

東海染工 <3577>
非開示だった今期経常は赤字転落へ。

ティビィシィ・スキヤツト <3974> [JQ]
非開示だった今期経常は47%減益、未定だった配当は6円減配。

宇部興産 <4208>
今期経常を26%下方修正。

鉱研工業 <6297> [JQ]
非開示だった今期経常は38%減益、未定だった配当は8円実施。

ジーンズメイト <7448>
東証と日証金が26日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

東邦銀行 <8346>
上期経常を43%下方修正。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。10月23日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2020年10月26日]

株探ニュース
 

■NY株式:NYダウ152ドル高、良好な経済指標や経済対策交渉進展を好感

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月23日(金)08時14分9秒
返信・引用
  22日の米国市場ダイジェスト:NYダウ152ドル高、良好な経済指標や経済対策交渉進展を好感

■NY株式:NYダウ152ドル高、良好な経済指標や経済対策交渉進展を好感

米国株式相場は反発。ダウ平均は152.84ドル高の28363.66ドル、ナスダックは21.31ポイント高の11506.01ポイントで取引を終了した。新規失業保険申請件数が減少し経済封鎖が始まった3月以降で最小となるなど、良好な経済指標を好感し上昇して寄り付いた。その後、追加経済対策を巡り不透明感から一時下落する局面もあったが民主党のペロシ下院議長が合意に楽観的な見通しを示すと引けにかけて一段高となった。セクター別ではエネルギー、銀行が上昇した一方で、家庭・パーソナル用品が下落した。

電気自動車のテスラ(TSLA)は予想を上回った決算が好感され上昇。アパレル小売りのギャップ(GPS)はモールなどにある小売り店を閉鎖し、オンライン販売に集中する方針転換を発表し急伸した。自動車メーカーのゼネラルモーターズは電気自動車ハマーの強い需要が好感され上昇。一方で、在宅フィットネス事業を展開するペロトン・インタラクティブ(PTON)はゴールドマンサックスによる投資判断引き下げで下落した。

追加経済対策を巡り、クドロー国家経済会議(NEC)委員長はインタビューで「大きな政策相違が解決される可能性は低い」と依然慎重な姿勢を示した。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:追加経済対策への期待などでドル買い強まる

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円56銭から104円92銭まで上昇して104円90銭で引けた。先週分新規失業保険申請件数の減少や、9月中古住宅販売件数は市場予想を上回ったことが意識されたが、追加経済対策を巡る協議で民主党のペロシ下院議長が楽観的な見通しを示したことも好感され、米債利回り上昇に伴うドル買いが強まった。ただ、クドロー国家経済会議(NEC)委員長が、「大きな政策相違が解決される可能性は低い」との考えを示すとドルは上げ渋った。

ユーロ・ドルは1.1812ドルまで下落後、1.1837ドルまで買われたが、1.1819ドルで引けた。ユーロ圏の10月消費者信頼感指数速報値の悪化が嫌気された。ユーロ・円は123円65銭まで下落後、124円08銭まで上昇。ポンド・ドルは1.3119ドルまで強含んだのち1.3071ドルまで下落。英国政府はウイルス再燃で新支援策を発表した。ドル・スイスは0.9062フランから0.9077フランのレンジでもみ合った。


 

★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月23日(金)08時12分30秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★オイシックス、ネクソン、高度紙などに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、今期最終を2.1倍上方修正・2期ぶり最高益更新を見込むオイシックス <3182> 、日経平均株価の構成銘柄に10月29日から採用されるネクソン <3659> 、今期経常を一転96%増益に上方修正した高度紙 <3891> [JQ]など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★ベネフィット・ワン <2412>
上期経常を一転18%増益に上方修正・最高益更新へ。

★★オイシックス・ラ・大地 <3182>
今期最終を2.1倍上方修正・2期ぶり最高益更新へ。

★★ネクソン <3659>
日経平均株価の構成銘柄に10月29日から採用。ファミリーマート <8028> が除外となる。

★★ドリコム <3793> [東証M]
上期経常を21%上方修正・最高益予想を上乗せ。

★★ニッポン高度紙工業 <3891> [JQ]
今期経常を一転96%増益に上方修正。

★★さくらケーシーエス <4761> [東証2]
上期経常を92%上方修正。

★★横河ブリッジホールディングス <5911>
上期経常を51%上方修正・最高益予想を上乗せ。

★★ほくほくフィナンシャルグループ <8377>
上期経常を一転3%増益に上方修正。

★★東和銀行 <8558>
22日夕方の日本経済新聞電子版で「SBIホールディングス(HD)は群馬県の東和銀行と資本提携する方針を固めた」と報道。会社側はSBIホールディングス <8473> との間で業務提携強化を検討していることは事実であるが、開示すべき事実が発生した場合は速やかに開示するとコメント。

★イルグルム <3690> [東証M]
前期経常を37%上方修正、配当も0.2円増額。

★中外製薬 <4519>
1-9月期(3Q累計)最終が38%増益で着地・7-9月期も25%増益。

★エステー <4951>
今期経常を一転微増益に上方修正。

★栗田工業 <6370>
今期税引き前を一転5%増益に上方修正。

日本調剤 <3341>
産業医業務提供事業を展開するWORKERS DOCTORSの全株式を取得し子会社化する。

ケネディクス商業リート投資法人 <3453> [東証R]
前期経常を7%上方修正、分配金も397円増額。

ボルテージ <3639>
オリジナルレーベル「otona シンデレラ」作品を他社電子書籍ストアで配信開始。

AI CROSS <4476> [東証M]
ディーエムソリューションズ <6549> [JQ]とセールスパートナー契約を締結。

BASE <4477> [東証M]
ネットショップ作成サービス「BASE」が「Instagram販売 App」をアップデートし、Facebookのショップ機能に対応開始。Instagramのカタログ商品情報の入力が可能になった。

ダントーホールディングス <5337>
東証が23日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

ディスコ <6146>
上期経常が25%増益で着地・7-9月期も34%増益。

クボタ <6326>
発行済み株式数の1.0%にあたる1200万株の自社株を消却する。消却予定日は10月30日。

ウインテスト <6721> [東証2]
東証が23日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

オプテックスグループ <6914>
グループ会社シーシーエスが産業用カメラ大手メーカーである独Basler社と共同開発した画像検査用LED照明を発売。

ブランディングテクノロジー <7067> [東証M]
外壁塗装コンシェルジュ事業をじげん <3679> に譲渡。これに伴い、21年3月期第3四半期に事業譲渡益約9500万円を特別利益に計上する。

アルヒ <7198>
住宅ローン契約書類などに関する説明動画の取り扱いを開始。新型コロナウイルス感染防止対策を強化。

初穂商事 <7425> [JQ]
12月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。

朝日インテック <7747>
独BIOTRONIK社が製造する「PK パピルス カバードコロナリーステントシステム」を販売開始。

ワイヤレスゲート <9419>
業務提携先のフォン・ジャパンが「ワイヤレスゲート Fon プレミアム ID」の販売を開始。

 【悪材料】  ――――――――――――

★★SHIFT <3697>
海外市場で70万株の公募増資と、丹下大社長による53万株の株式売り出しを実施する。

★★長野計器 <7715>
今期経常を一転46%減益に下方修正。

★DNAチップ研究所 <2397> [東証2]
上期経常が赤字拡大で着地・7-9月期も赤字拡大。

★ビオフェルミン製薬 <4517>
上期経常が8%減益で着地・7-9月期も43%減益。

日本リーテック <1938>
非開示だった今期経常は17%減益、未定だった配当は27円実施。

日本ペイントホールディングス <4612>
19年12月末の実施を最後に株主優待制度を廃止する。

品川リフラクトリーズ <5351>
上期最終を一転赤字に下方修正、通期も減額。

ダイハツディーゼル <6023> [東証2]
今期経常をトントンに下方修正。

日機装 <6376>
非開示だった今期税引き前は32%減益へ。

タムラ製作所 <6768>
今期最終を31%下方修正、未定だった配当は2円減配。

小松ウオール工業 <7949>
上期経常が65%減益で着地・7-9月期も62%減益。

愛光電気 <9909> [JQ]
非開示だった今期経常は76%減益、未定だった配当は35円実施。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。10月22日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2020年10月23日]

株探ニュース
 

104円をブレイクしたら102円台も視野

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月23日(金)02時48分50秒
返信・引用 編集済
  ドルは下げ一服 ドル円も104円台後半まで戻す=NY為替前半
為替 2020/10/23(金) 02:29

 きょうのNY為替市場、ドル円は買い戻しが優勢となっており、104円台後半まで戻している。きょうの為替市場はドル買い戻しが見られる中で、ドル円も追随している状況。ただ、ドルを買い戻す特段の材料は見られていない。前日の下げが急だったことから値ごろ感の買い戻しとみられる。米追加経済対策の協議が続いているが、市場は合意への期待感が高まっている。

 先ほどペロシ米下院議長の発言が伝わっていたが、「追加経済対策の合意が、すぐそこにある。今週は協議に進展が見られている」と述べていた。米大統領選前に米追加経済対策が合意できれば、ポジティブ・サプライズとなりそうだが、その場合でも為替市場のシナリオはドル安で、ドル円の上値は抑えられる。きょうはドル円も買戻しが見られているものの、ブレイクした105円は重そうだ。

 前日のドル円は104.35円付近まで下落した。目先は9月安値の104円ちょうどが下値サポートとして意識される。テクニカル勢からは、その水準をブレイクすれば、底割れとなり、トラップドア効果から、102円台まで一気に下落するリスクもあるとの声も聞かれる。しかし、短期筋の急速なショート・ポジションの積み上がりも想定され、ショートカバーのきっかけになるとの見方もあるようだ。

 ユーロドルは1.18ドル台前半に伸び悩む展開がみられている。前日は1.1880ドル近辺まで急上昇し、21日線を上放れる展開が続いている。大きな節目として意識されている1.20ドルを再び試しそうな気配を見せているが、EUでは感染第2波の拡大が続いており、景気の先行き不安から、インフレ期待も後退しており、市場ではECBの追加緩和期待が高まっている。

 ファンダメンタルズ的にはユーロを買う材料はない。それを反映してか、ヘッジファンドはユーロのロングポジションを減らす動きが見られている。先週末に公表になったCFTC建玉報告によると、レバレッジ・ファンドのユーロの買い越しが大幅に縮小しており、10月13日時点で6892枚と、この2カ月で最も低い水準まで縮小させていた。ただ、目先はドル安の潮目に変化があるとも思われず、ユーロドルは1.20ドルに向かって堅調に推移するものとみられている。

 ポンドドルも上げが一服しており、1.30ドル台に値を落としている。ただ、英国とEUとの貿易交渉が再開しており、合意への期待も根強くあり、ポンドは、しばらく上値追いの展開が続くとの見方が多い。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美
 

■NY株式:NYダウ97ドル安、与野党の経済対策交渉を睨む展開

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月22日(木)08時16分33秒
返信・引用
  21日の米国市場ダイジェスト:NYダウ97ドル安、与野党の経済対策交渉を睨む展開

■NY株式:NYダウ97ドル安、与野党の経済対策交渉を睨む展開

米国株式相場は反落。ダウ平均は97.97ドル安の28210.82ドル、ナスダックは31.80ポイント安の11484.69ポイントで取引を終了した。追加財政策を巡るムニューシン財務長官と民主党のペロシ下院議長の交渉を睨んだ展開となった。クドロー国家経済会議(NEC)委員長が交渉進展に楽観的見方を示したほか、ペロシ議長も大統領選前の合意に前向きな見方を示し一時大きく上昇した。しかし、メドウズ大統領首席補佐官がまだ多くの相違が見られると慎重な見解を示すと引けにかけて下落する展開となった。セクター別ではメディア・娯楽、保険が上昇した一方で、エネルギーが下落。

写真・動画共有アプリのスナップ(SNAP)は第3四半期決算で損失予想に反して黒字を計上したことが好感され急伸。また、オンライン決済サービス会社のペイパル(PYPL)はビットコインの取り扱い開始を発表し急伸した。一方で、競合のスクウェア(SQ)はJPモルガン・チェース(JPM)のモバイル決済参入を嫌気して下落。動画配信のネットフリックス(NFLX)は第3四半期決算で契約者数が予想を大幅に下回ったことが嫌気され下落した。製薬会社のアストラゼネカ(AZN)は同社開発の新型コロナワクチンの治験でブラジルの治験者が死亡したとの報道が嫌気され下落。

連邦準備制度理事会(FRB)が公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)では、10月初旬にかけての全米地区の経済活動が引き続きごくわずかまたは緩慢なペースで拡大を継続したことが明らかになった。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:米追加経済対策交渉をにらんでドル売り広がる

21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円88銭から104円34銭まで下落して104円59銭で引けた。対欧州通貨中心での動きに連れたドル売りや追加経済対策交渉をにらんでドル売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは1.1844ドルから1.1881ドルまで上昇し、1.1858ドルで引けた。ユーロ・円は124円33銭から123円91銭まで下落。ポンド・ドルは1.3056ドルから1.3177ドルまで上昇。英国と欧州連合(EU)が離脱を巡る通商交渉を再開することが明らかになり、合意期待や英中銀がすみやかなマイナス金利導入の可能性が後退したため、ポンド買いが優勢となった。ドル・スイスは0.9031フランまで下落後、0.9057フランまで上昇した。


■NY原油:反落で40.03ドル、供給増加を意識した売りが入る

NY原油先物12月限は反落(NYMEX原油12月限終値:40.03 ↓1.67)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は、前営業日比-1.67ドルの1バレル=40.03ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは39.78ドル-41.59ドル。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計で原油在庫の減少幅は予想を下回ったことや、ガソリン在庫が予想に反して増加したことが嫌気されたようだ。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC) 24.05ドル -0.09ドル(-0.37%)
モルガン・スタンレー(MS) 50.38ドル -1.09ドル(-2.12%)
ゴールドマン・サックス(GS)202.91ドル -5.12ドル(-2.46%)
インテル(INTC) 53.50ドル +0.07ドル(+0.13%)
アップル(AAPL) 116.87ドル -0.64ドル(-0.54%)
アルファベット(GOOG) 1593.31ドル +37.38ドル(+2.40%)
フェイスブック(FB) 278.73ドル +11.17ドル(+4.17%)
キャタピラー(CAT) 167.40ドル -1.59ドル(-0.94%)
アルコア(AA) 13.32ドル +0.52ドル(+4.06%)
ウォルマート(WMT) 144.40ドル +0.50ドル(+0.35%)
《ST》

 提供:フィスコ
 

★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月22日(木)08時15分10秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★シスロケ、シュッピン、レッグスなどに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、上期経常を一転12%増益に上方修正・14期ぶり最高益、通期も増額したシスロケ <2480> [JQ]、上期経常を51%上方修正したシュッピン <3179> 、今期経常を56%上方修正、配当も5円増額したレッグス <4286> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★システム・ロケーション <2480> [JQ]
上期経常を一転12%増益に上方修正・14期ぶり最高益、通期も増額。

★★シュッピン <3179>
上期経常を51%上方修正。

★★レッグス <4286>
今期経常を56%上方修正、配当も5円増額。

★★イーグル工業 <6486>
今期最終を一転黒字に上方修正。

★★アイモバイル <6535>
発行済み株式数(自社株を除く)の2.98%にあたる65万株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は10月23日から12月25日まで。

★★今村証券 <7175> [JQ]
非開示だった上期経常は4.1倍増益へ。

★★西松屋チェーン <7545>
10月既存店売上高は前年同月比23.7%増と高成長が続いた。

★ギグワークス <2375> [東証2]
今期配当を4円増額修正。

★ラクオリア創薬 <4579> [JQG]
エランコ社へ導出したグレリン受容体作動薬ELURAが、慢性腎臓病のネコの体重減少を管理する薬として米国で承認を取得。

★アイティフォー <4743>
上期経常を26%上方修正・最高益予想を上乗せ、通期も増額。

★NOK <7240>
今期経常を赤字縮小に上方修正。

JESCOホールディングス <1434> [東証2]
R1渡良瀬川管内CCTV設備などの設置工事を受注。通期業績予想には織り込み済み。

オプティム <3694>
京都サンガF.C.アプリに「OPTiM AI Camera」のWithコロナソリューションである混雑可視化機能を提供開始。

ディー・ディー・エス <3782> [東証M]
認証ソリューションがスタンシステム社の経営の見える化ソリューション「Scope eye」と連携。多要素認証で社内情報・顧客情報など経営資産の漏えいを防ぐ。

バリューデザイン <3960> [東証M]
CARTA HOLDINGS <3688> 傘下のVOYAGE GROUPと小売業を中心とした企業のデジタル化を支援する合弁会社を設立。

シンクロ・フード <3963>
飲食店専門サイト「求人@飲食店.COM」が大阪府が設立した「OSAKA 求職者支援コンソーシアム」に参画。

ヘッドウォータース <4011> [東証M]
力の源ホールディングス <3561> に DXプラットフォームを導入。

ドリームインキュベータ <4310>
リクルートからペット健康相談などを展開するペッツオーライ事業を譲受。

東邦金属 <5781> [東証2]
東証が22日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

エイチワン <5989>
大分県豊後高田市に自動車骨格部品の製造工場を新設。投資額は約29億円。

ミマキエンジニアリング <6638>
少ない導入費用でプリント基板の防湿剤コーティング工程を自動化する基板防湿剤塗布装置「DCF-605PU」を販売開始。

東海エレクトロニクス <8071> [名証2]
上期経常を1.4億円に上方修正。

丸八証券 <8700> [JQ]
非開示だった上期経常は3.1倍増益へ。

ゼンリン <9474>
上期経常を赤字縮小に上方修正。

日本空港ビルデング <9706>
保有するNTTドコモ <9437> 株の売却に伴い、21年3月期第3四半期に売却益35億円を特別利益に計上する。

ベルーナ <9997>
アパレル通販を展開するマキシムの全株式を取得し子会社化する。

 【悪材料】  ――――――――――――

★日本高純度化学 <4973>
上期経常が18%減益で着地・7-9月期も18%減益。

ポバール興業 <4247> [名証2]
非開示だった今期経常は16%減益、未定だった配当は45円実施、実質9%増配。

三洋化成工業 <4471>
日本触媒 <4114> との経営統合を中止。

スターフライヤー <9206> [東証2]
9月旅客数は前年同月比73.0%減。

植松商会 <9914> [JQ]
上期経常を赤字拡大に下方修正。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

ソラスト <6197>
9月訪問介護利用者は前年同月比3.9%増、デイサービス利用者は同0.7%減。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。10月21日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2020年10月22日]
 

為替104円台

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月22日(木)00時36分56秒
返信・引用
  ペロシ米下院議長とムニューシン米財務長官がきのうも協議を行っていたが、合意できなかった。しかし、協議はきょう以降も継続することが示され、ペロシ議長は「今週中に合意がまとまるとの希望を失っていない」と述べていた。ペロシ議長はきのう20日を協議の期限としていたが、継続を決定している。議長の発言からは、協議は今週一杯まで続く可能性もあり、市場は合意に向けた進展が見られているのではとの期待を高めている。

 ドル円は一時104.35円近辺まで下げ幅を広げている。早期に105円を回復できないようであれば、パンデミック危機が高まった3月の安値を目指す展開も警戒される状況。目先は9月安値の104.00円が下値メドとして意識される。

USD/JPY 104.55

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美
 

20日の米国市場ダイジェスト:NYダウ113ドル高、大統領選前の経済対策合意に期待広がる

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月21日(水)08時49分32秒
返信・引用
  20日の米国市場ダイジェスト:NYダウ113ドル高、大統領選前の経済対策合意に期待広がる

■NY株式:NYダウ113ドル高、大統領選前の経済対策合意に期待広がる

米国株式相場は反発。ダウ平均は113.37ドル高の28308.79ドル、ナスダックは37.61ポイント高の11516.49ポイントで取引を終了した。9月住宅着工件数の増加を好感し寄り付き後上昇した。民主党のペロシ下院議長が追加経済対策を巡りトランプ政権と大統領選挙前の合意の期限である本日中の合意に楽観的な見解を示すと上げ幅を拡大した。セクター別では自動車・自動車部品、銀行が上昇。

自動車のゼネラル・モーターズ(GM)は電気自動車生産を目的に22億ドルを投じる計画を明らかにし上昇。百貨店のコールズ(KSS)はスポーツウェアと普段着を兼ねたファッションブランド「FLX」の立ち上げを発表し上昇した。バイオのモデルナ(MRNA)は同社開発のワクチンが緊急使用で12月にも当局の認可が下りる可能性に言及し上昇。一方、電気自動車のテスラ(TSLA)は決算発表を控えて一旦利益を確定する動きが広がり下落した。

司法省と11州は20日、検索会社アルファベット(GOOGL)傘下のグーグルをインターネット検索と検索広告市場を支配し、競争を阻害しているとして、独占禁止法(反トラスト法)違反で首都ワシントンの連邦地裁に提訴したと発表した。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:米住宅関連指標の改善を好感したドル買い

20日のニューヨーク外為市場でドル・円は105円75銭まで上昇後、105円42銭まで下落して105円50銭で引けた。米9月住宅着工件数と建設許可件数は市場予想を上回ったことから、ドル買いが優勢となった。ただ、追加経済対策を巡り大統領選挙前の合意期限を控えてドル上昇は限定的となった。

ユーロ・ドルは1.1803ドルから1.1841ドルまで上昇して1.1824ドルで引けた。ラガルドECB総裁は「ウイルス再燃が経済見通しの明らかなリスクになる」と発言し、ユーロは伸び悩んだ。ユーロ・円は125円00銭まで上昇後、124円68銭まで下落。ポンド・ドル1.2911ドルまで下落後、1.2975ドルまで戻した。ジョンソン英首相がパンデミック対策で一部地域の規制をさらに強化したことや、英国と欧州連合(EU)の通商交渉が膠着したことが嫌気されたが、ポンド売りは一服。ドル・スイスは0.9083フランから0.9055フランまで下落した。
 

★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月21日(水)08時44分9秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★宝HLD、Ciメディカ、エコモットなどに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

  本日、株価の動向が注目されるのは、上期経常を2.7倍上方修正した宝HLD <2531> 、今期経常を48%上方修正・最高益予想を上乗せしたCiメディカ <3540> 、5Gを見据えた新世代データ基盤を開発したエコモット <3987> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★博展 <2173> [JQG]
オフラインとオンラインを組み合わせたハイブリッド型の採用活動向けコミュニケーションサービスを提供開始。

★★CDG <2487>
非開示だった今期経常は33%増益、未定だった配当は26円実施。

★★宝ホールディングス <2531>
上期経常を2.7倍上方修正。

★★歯愛メディカル <3540> [JQ]
今期経常を48%上方修正・最高益予想を上乗せ。

★★エコモット <3987> [東証M]
5Gを見据えた新世代データ基盤を開発。

★★タカラバイオ <4974>
上期経常を一転32%増益に上方修正・最高益更新へ。

★★日本鋳造 <5609> [東証2]
今期経常を38%上方修正。

★★横浜魚類 <7443> [JQ]
今期経常を一転58%増益に上方修正。

★ユーグレナ <2931>
新型コロナウイルスに対する抗体検査サービスを医療機関向けへ提供開始。

★ローム <6963>
上期経常を2.1倍上方修正。

★ノジマ <7419>
上期経常を13%上方修正・最高益予想を上乗せ、通期も増額。

★プレシジョン・システム・サイエンス <7707> [東証M]
みずほリース <8425> と全自動PCR検査装置を対象としたファイナンスパートナーシップで基本合意。メンテナンスリースなどを共同提供する。

★セルシード <7776> [JQG]
食道再生上皮シートの追加治験届を提出。

★コメリ <8218>
上期経常を一転61%増益に上方修正・9期ぶり最高益、通期も増額。

★Genky DrugStores <9267>
今期経常を15%上方修正・最高益予想を上乗せ。

ユニカフェ <2597>
第50期記念株主優待を実施。20年12月末に限り優待品(自社製品)の内容を拡充する。

マルタイ <2919> [福証]
今期経常を一転45%増益に上方修正・29期ぶり最高益更新へ。

タスキ <2987> [東証M]
不動産投資型クラウドファンディング「タスキFunds」で会員登録の受付を開始。

ヘリオス <4593> [東証M]
遺伝子編集技術を用いて作製したHLA型にかかわりなく免疫拒絶リスクを抑える次世代iPS細胞「ユニバーサルドナーセル」の臨床株が完成。

フォーカスシステムズ <4662>
AIの自然言語処理を活用した製品安全業務支援システムの開発を製品評価技術基盤機構から受託。職員の作業負担軽減と業務効率化を目指す。

住友金属鉱山 <5713>
中性色の近赤外線吸収材料を新規開発。

ニューテック <6734> [JQ]
HDDを一切使用せず大容量の記憶領域が利用可能なAll Flashストレージ「Cloudy NAS All Flash」を販売開始。

ツクイスタッフ <7045> [JQ]
上期経常を3倍上方修正。

ピアズ <7066> [東証M]
スペース検索予約サイトを運営するエイチと資本業務提携。

CYBERDYNE <7779> [東証M]
台湾で「HAL医療用下肢タイプ」の医療機器承認を取得。

 【悪材料】  ――――――――――――

アズマハウス <3293> [JQ]
非開示だった今期経常は17%減益、未定だった配当は70円実施。

クレハ <4023>
非開示だった上期税引き前は38%減益へ。

日本伸銅 <5753> [東証2]
非開示だった今期経常は80%減益へ。

CKサンエツ <5757>
非開示だった今期経常は91%減益へ。

アルインコ <5933>
非開示だった今期経常は32%減益、未定だった配当は38円実施。
 

がっかり

 投稿者:あこぎ屋捻  投稿日:2020年10月20日(火)17時04分45秒
返信・引用
  やはり 値動きが小さい

猫の目 相場
 

ダウ大幅下落

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月20日(火)06時35分36秒
返信・引用
  米追加経済対策で一喜一憂も、ドル円は狭い範囲での振幅続く=NY為替概況
今日の為替 2020/10/20(火) 06:10

 きょうのNY為替市場、終盤に入って米株が急速に下落するなどリスク回避の雰囲気が強まった。しかし、ドル円は105円台半ばでの推移で変わらず。序盤にはやや買いが入り、105.50円付近まで一時上昇した。ここ数日、105.50円水準を試しに行くものの、いずれも上値を拒まれており、今回はどうか注目される。ただ、105.50円を超えると戻り売りオーダーも多数観測されていたようだ。

 きょうの市場は、米追加経済対策への期待感を高め、前半はリスク選好の雰囲気がみられていた。為替市場ではリスク選好のドル売りが優勢となり、ドル円の上値は重い。一方で円売りの動きもあり、下値はサポートされている状況。しかし、民主党の一部から「われわれには合意しないという言葉も残っている」との発言が出ており、一気に市場の期待ムードが後退した格好となっている。

 ペロシ議長の民主党は2.2兆ドル規模の対策を主張している。一方、トランプ大統領は1.8兆ドル超を主張。ただ、共和党は規模に難色を示しており、5000億ドル規模の主張に留めている状況。ペロシ議長とムニューシン長官が本日も電話協議を行っているが、20日までに合意に漕ぎ着けられるか、未知数の部分も多い。

 ただ、ドルと円が同方向の動きとなる中で、ドル円の動きは鈍い。相変わらずの狭いレンジでの値動きを続けており、本日のレンジは20銭程度に収まった。

 ユーロドルはロンドン時間から買いが強まり、1.17ドル台後半まで上昇。本日の21日線は1.1735ドル付近に来ているが、その水準を上回る動きが出ている。NY時間に入っても本日高値圏を維持しているものの、1.18ドルを試す動きまではみられず、上値には慎重さもみられる。目先は1.18ドル台を回復できるかどうかだが、その上は、今月高値の1.1830ドル付近が目先の上値メドとして意識される。
 

今日は

 投稿者:あこぎ屋捻  投稿日:2020年10月19日(月)15時07分38秒
返信・引用
  久し振りにというか
やっと 本命が 動いたようだ

冬に入ろうとしてるのに
早い春が・・・・・
 

■NY株式:米国株はまちまち、小売売上高や消費者信頼感の改善を好感

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月19日(月)08時06分36秒
返信・引用 編集済
  16日の米国市場ダイジェスト:米国株はまちまち、小売売上高や消費者信頼感の改善を好感

■NY株式:米国株はまちまち、小売売上高や消費者信頼感の改善を好感

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は112.11ドル高の28606.31ドル、ナスダックは42.32ポイント安の11671.55ポイントで取引を終了した。

9月小売売上高や10月ミシガン大消費者信頼感指数速報値の予想以上の改善に加え、新型ウイルスワクチン開発の一段の前進を好感し上昇して寄り付いた。しかし、9月鉱工業生産が予想外のマイナスに落ち込んだほか高値からはハイテク株中心に利益確定売りも目立ち、引けにかけて上げ幅を縮小。セクター別では自動車・自動車部品が上昇した一方で、エネルギーが大きく下げた。

製薬会社のファイザー(PFE)は同社開発の新型ワクチンを巡り今月末の治験結果次第で、11月末の緊急使用許可申請を目指しているとのCEOの発言が好感され上昇。航空機メーカーのボーイング(BA)は欧州の航空当局が同社の737マックス機の安全性を確認したことが好感され上昇した。会員制小売りのコストコ(COST)、重機メーカーのキャタピラー(CAT)、オンラインのペット用品小売りチューイ(CHWY)はそれぞれアナリストの投資判断引き上げが好感され上昇。一方、カジノを運営するウィン・リゾーツ(WYNN)はアナリストの投資判断引き下げが嫌気され下落。製薬会社のギリアド(GILD)はWHOが同社のコロナ治療薬レムデシビルの効果に懐疑的見方を示したことが嫌気され軟調に推移した。

CITグループ(CIT)はファーストシチズンズバンクシェアーズ(FCNCA)との合併を発表した。両行の株価は上昇。合併後、資産規模で米国19番目に大きな銀行となる。

(Horiko Capital Management LLC
16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、105円24銭から105円44銭まで上昇して105円41銭で引けた。米9月小売売上高が予想を上回る伸びとなったことや、10月ミシガン大消費者信頼感指数速報値は3月来で最高となるなど、成長見通しが改善したことから、ドル買いが優勢となった。
 

今朝の注目ニュース! ★富士通ゼ、フィード、島津などに注目!

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月19日(月)07時57分36秒
返信・引用
  今朝の注目ニュース! ★富士通ゼ、フィード、島津などに注目!
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、上期経常を一転40%増益に上方修正、通期も増額した富士通ゼネラル <6755> 、11月30日現在の株主を対象に1→4の株式分割を実施するフィードフォース <7068> [東証M]、息を用いた新型コロナウイルス検査法を東北大学と開発した島津 <7701> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★ラサ商事 <3023>
上期経常を58%上方修正。

★★アグレ都市デザイン <3467>
上期経常を5.4倍上方修正。

★★富士通ゼネラル <6755>
上期経常を一転40%増益に上方修正、通期も増額。

★★フィードフォース <7068> [東証M]
11月30日現在の株主を対象に1→4の株式分割を実施。最低投資金額は現在の4分の1に低下する。

★★島津製作所 <7701>
息を用いた新型コロナウイルス検査法を東北大学と開発。

★★キムラユニティー <9368>
上期経常を2.2倍上方修正、通期も増額。

★ファーストコーポレーション <1430>
建築構造物に係る「新構造システム」に関する特許及び実用新案をベンチャー企業のサイエンス構造と共同出願。

★ニーズウェル <3992>
大手通信機器販売会社から経理・財務関連クラウドとInvoice PAサービスを受注。

★Amazia <4424> [東証M]
アニメ・マンガ関連英語ニュースサイト「Tokyo Anime News」をリリース。海外向け第一弾。

ベクター <2656> [JQ]
上期経常は81%減益も計画上振れ着地。7-9月期は64%増益。

BASE <4477> [東証M]
初の出資案件としてネットでサービスを売れるサイトを展開するMOSHへ出資。

H.U.グループホールディングス <4544>
全自動検査機器におけるインフルエンザウイルス抗原検査試薬の製造販売承認を申請。

マルマエ <6264>
9月受注残高は前年同月比2.0%増の7.8億円。

技研製作所 <6289>
国連機関が杭圧入引抜機「サイレントパイラー」による圧入工法を、「STePP」(サステナブル技術普及プラットフォーム)に登録。

キッツ <6498>
発行済み株式数の9.96%にあたる1000万株の自社株を消却する。消却予定日は10月23日。

KOA <6999>
上期経常を29%上方修正。

フロンティア・マネジメント <7038>
M&A関連のオンライン講座でインソース <6200> と販売提携を開始。

岩井コスモホールディングス <8707>
非開示だった上期経常は66%増益へ。

藍澤證券 <8708>
非開示だった上期経常は25%増益へ。

福岡リート投資法人 <8968> [東証R]
今期経常は2%増益へ。

大和ハウスリート投資法人 <8984> [東証R]
今期経常は3%増で2期連続最高益更新へ。

 【悪材料】  ――――――――――――

★★ゲンダイエージェンシー <2411> [JQ]
上期経常が赤字転落で着地・7-9月期は99%減益。

★★テーオーホールディングス <9812> [JQ]
業績低迷が続いているため、20年11月末の株主優待制度を中止する。21年の実施は未定。

戸田建設 <1860>
上期経常を35%下方修正。

日本ハウスホールディングス <1873>
未定だった今期配当は15円減配。

東邦アセチレン <4093>
今期経常を一転19%減益に下方修正。

日本化学産業 <4094> [東証2]
上期経常を5%下方修正。

プレステージ・インターナショナル <4290>
20年3月末をもって株主優待制度を廃止する。

旅工房 <6548> [東証M]
8月の旅行取扱合計額は前年同月比98.8%減。

日本リテールファンド投資法人 <8953> [東証R]
今期経常は11%減益へ。

佐渡汽船 <9176> [JQ]
非開示だった今期最終は赤字拡大へ。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。10月16日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2020年10月19日]

株探ニュース
 

MMTを簿記で解説https://www.youtube.com/watch?v=_koJ5PDpJz4&ab_chan

 投稿者:ゆめかざり  投稿日:2020年10月18日(日)10時34分39秒
返信・引用 編集済
  この動画はMMTの理論を簿記でどのような動きになるかを解説しています,MMTは正しいことを証明しています。
https://www.youtube.com/watch?v=_koJ5PDpJz4&ab_chan
結論
国債を発行して財政支出をすると、民間のお金が増える【政府から民間へのお金の移動】
国債を日銀が買い取ると国債の返済は必要なくなる、つまり国債は借金ではない
納税(歳入)は、民間から政府へのお金の移動、民間が貧乏になる

以上

国会ではMMTを理解して、日本が成長路線に復帰し日本の経済成長で株価が上がり、我々の株式資産が増える株式、株価が上がることを願うばかりです(説に要望)。

ここで稲田朋美が税理士資格を持っているのにこの理論が分かっていない、稲田朋美の資格は怪し過ぎる。

税理士の安藤裕議員や西田昌司議員がMMTについて、国会質問で正当性を明らかにしているが,層々たるバカ議員、石破茂、伊吹文明、稲田朋美、二階、岸田、野田、平沢、片山さつきなど知っててウソを言う確信犯と、知らないでウソを言う大バカ議員の塊で日本が亡ぶ
 

レンタル掲示板
/348