teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


感激のヴォイストレーニング

 投稿者:ベースの廣瀬  投稿日:2009年 1月15日(木)22時49分42秒
  今年最初の河鹿の練習で、こんなに素晴らしいヴォイストレーニングを受けることができて、本当に感激です。1時間余りの少ない時間でしたが、常に下腹を意識して歌うこと…自分で限界をつくらないこと…等々、多くのことを学び・感じることができた…私にとってはすごく充実した時間でした。次回が益々楽しみです!!

萩原寛明先生、本当にありがとうございました。今後とも宜しくご指導下さいますよう、お願いします。

男性の皆さん、どうでしたか?

さてさて、新たな年を迎え、また4月のジョイントを控えて、新しい光がまた一つ差し込んできたような気がします。
まずはジョイントまで気を抜くことなく、集中して練習に励みましょう!

今年一年、みなさん宜しくお願いします。
 
 

明けまして、おめでとう!!

 投稿者:指揮・阪、ピアノ俊恵  投稿日:2009年 1月 1日(木)18時45分13秒
  昨年はいろいろみんなに迷惑をかけました。今年は充実した1年としたいと思っています。

今年4月の篠山でのコンサートは、是非、河鹿の演奏の中でも最も素晴らしいものの一つに数えられるくらいな演奏にしたいです。15分間の短い時間に凝縮された音楽は、もしかすれば、長い演奏時間をかける定期演奏会より、集中できるかもしれません。それよりも何より、みんなと一緒にあの田園ホールで同じ時を、同じ音楽を感じることができる機会を得られたなんて、奇跡に近いことなんだと感じています。そうでしょ、南丹市の人口は何人ですか、そして、南丹市だけではなくいろいろなところから団員は来ています。合唱団はいくつあるのですか、どうしてこの合唱団に今いるんですか、みんな知り合いだったのですか、など考えるといろんな出会いが今のメンバーを生んだんだなと感じます。決して、集められた団員ではないんです。だから、一瞬一瞬を、一回一回を大切に一緒の時を過ごしたいと思っています。

演奏自体はまだまだ未熟だと思いますが、精度ではなく気持ちの伝わる演奏ができば良いのではないかと思っています。一緒に頑張りましょう。

今年もよろしくお願いします。
 

祇園精舎の~

 投稿者:kio  投稿日:2008年12月21日(日)09時52分36秒
  12月20日(土)「那須与一」の練習時に、『平家物語』の冒頭の部分がみんなの話題になったので、以下にあげておきます。案外後半の部分を覚えていないのです。少なくとも私は。

   祇園精舎の鐘の声
   諸行無常の響きあり
   沙羅双樹の花の色
   盛者必衰の理をあらわす
   おごれる人も久しからず
   ただ春の夜の夢のごとし
   たけき者もついには滅びぬ
   偏に風の前の塵に同じ
 

ありがとうございました。そして、これからもよろしく。

 投稿者:河鹿・代表・八木  投稿日:2008年11月 4日(火)20時50分29秒
  第62回定期演奏会は多くの出演者、スタッフ、そしてご来聴の皆様のご理解とご支援ご協力のおかげで何とか閉幕することができました。この場をお借りして厚くお礼申し上げます。このHPに書き込みいただいた方々に重ねてお礼申し上げます。遠くから来ていただいた「まどか」さま。ソロ、伴奏とご無理を言いまして申し訳ありません。別の機会に、また素敵なモーツアルトを聞かせてください。K.330のソナタなんか・・・。そして「いつ、出る、汽車」のギャグを東京でも流行らせてください。
私たちは今後も常にアマチュア精神を忘れず、日々向上を目指して練習に精進したいと思います。当面は来年4月の丹波篠山での念願のステージを目指して頑張ります。また、助けを求めた時には皆様、どうぞよろしくお願いします。簡単ながら、お礼とします。
 

「ロ短調ミサ」 ありがとうございました

 投稿者:ロンドはぎわら  投稿日:2008年11月 4日(火)19時57分38秒
編集済
  昨日は、京都バッハ合唱団20周年記念演奏会バッハ「ロ短調ミサ」にエキストラとして出演させていただきました。
河鹿合唱団からも、遠いところ聴きに来ていただき、また我々兄弟においしい御菓子までいただき、大変ありがとうございました。

私はエキストラとして出演させていただいただけですが、「京都バッハ合唱団」は私にとってはかなりレベルの高い合唱団だと思っておりまして、その合唱団がかなり熱の入った演奏をされているなと、一緒に歌っていて感激しました。
河鹿合唱団で歌わせていただくのに引き続き、またいい経験をさせていただきました。

私にとっては1987年以来のロ短調ミサでしたが、更に音楽経験を積んで、またいつか、バッハの音楽の集大成と聞く「ロ短調ミサ」を、今度はまた違った思いを持って歌う機会にめぐり合うことができればと思っています。
 

ありがとうございました!

 投稿者:まどか  投稿日:2008年11月 3日(月)12時07分58秒
  遅ればせながら…書き込みさせていただきます。
先日は演奏会に呼んでいただき、ありがとうございました!!本当に楽しい時間を過ごすことができました。
私にとって、河鹿は心のふるさとです。物心ついた時から常に河鹿は私のそばにありました。合唱ってこんなにいいもんなんだと思ったのも河鹿のおかげですし、大学で合唱を始めたのも河鹿の影響ですから。なにより、みなさんのお人柄があたたかい!!いつも優しく迎えてくれて本当に嬉しく思っています。
またみなさんと共演できる日が来るのを心待ちにしております!!本当にありがとうございました!
 

感謝!感謝!!感謝!!!

 投稿者:振付師 みちこ  投稿日:2008年10月29日(水)14時35分56秒
  河鹿合唱団第62回定期演奏会が無事終わりました。
あいにくの雨の中、たくさんのお客様に足を運んでいただいて、心からありがとうございました。また、賛助出演の皆様、スタッフとしてお世話になりました皆様、本当にお世話になりありがとうございました。たくさんの方々に支えられて演奏会ができたことをとても嬉しく、本当にありがたく思います。言葉では尽くせませんが感謝の気持ちで一杯です。
阪さん、俊恵さん本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。
いろいろなことがありましたが、こうしてみんなで演奏会ができたこと、その上まどかちゃんにも参加していただけたこと、本当に嬉しく思っています。お客様に喜んでいただける音楽をこれからもみんなで創って行けたらと思います。これからもよろしくお願いします。
さて団員の皆さん!!心から感謝!感謝!
阪さんが指揮を振れないときも、それぞれが定演に向けて練習した成果が結果として表われたと思っています。特に最後まで???どうするの???と思っていた男声合唱が一番評判が良かったのは奇跡に近いと思います!一人一人が見えないところで団の為に働いてくれたことに心から感謝します。これからもみんなで歌って行きましょう。
アンケートにジュピターは洋子ちゃんのソロも含めてとてもよかった!と書いてくださる方が多かったのですが、団員のスタミナ切れを心配する声も多く寄せられました。やはり体力作りですねぇ~河鹿合唱団ウォーキングクラブ、またはエアロビクスクラブを結成することを提案します!みんな参加してねぇ~!!
 

今年も感謝!!

 投稿者:ベースの廣瀬  投稿日:2008年10月28日(火)23時46分41秒
  はぎわらさん、たなかさん、書き込みありがとうございます。

それから、賛助出演して頂いたお二人以外のはっとりさん、むかいさんをはじめ、伊藤まどかさん、久世さん、朗読の嶋さん、廣瀬さん、ステマネの藤田さんそしてスタッフをして頂きました全ての皆様に心から感謝申し上げます。

今年は、河鹿合唱団にとって少々ピンチな年でした。それだけに今回の定期演奏会の成功は例年に増して嬉しいものになりました、本当にありがとうございました。
私自身、「良寛相聞」の”君や忘る道”の途中で既に感極まりそうになり、そこはグッと我慢したのですが、終曲を歌い終えた後はもうウルウルしてしまっていました。

しかしながらもう、その感傷に浸っているわけにはいきません。来年4月の篠山でのジョイントコンサートに向けて、その歩みを進めなければ…。
この素晴らしい仲間たちと伴に、心を合わせ声を合わせて、今回以上の歌が歌えるよう努力し続けていきたいと思いますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

あとになりましたが、今回の定期演奏会にわざわざお運び頂きましたお客様お一人お一人に心からの御礼を申し上げます。ありがとうございました。
 

皆さんに感謝

 投稿者:指揮・阪、ピアノ俊恵  投稿日:2008年10月28日(火)23時14分29秒
  定期演奏会出演ありがとう、そして、お疲れ様でした。
萩原さん、田中さん、そして、服部さん、向さん、ドラムの久世さん、朗読の廣瀬さん、嶋さん 本当にありがとうございました。私達の音楽づくりにこんなに素晴らしい仲間がいることを誇りに思います。そして、一生に一度の演奏に一緒の空間で一緒に音楽を感じられたことを幸せに思います。

私達は、今年も河鹿のステージに立てたことに幸せを感じています。河鹿のみんな、ありがとう。そして、ステマネを引き受けてくださった藤田さん(ステマネのプロ)、ありがとう。そのほかマイサウンドのみなさん、当日お手伝いいただいた方々、演奏会に関わったすべての方々に感謝します。ありがとうございました。

この次は、ジョイントなど、まだ、今年の行事が待っています。いつも、全力で一生懸命の歌声を届けましょう。また、来年は篠山でコンサートです。頑張って一生一度の演奏を楽しみましょう。
 

ご一緒させて頂いて

 投稿者:たなか  投稿日:2008年10月28日(火)22時43分10秒
  指揮者・阪さん、ピアニスト俊恵さん、まどかさん、河鹿の皆さまと共に音楽創りに参加させて頂けた事で、新たな合唱音楽の魅力(?)に触れ、気付く事ができました。

初めて今回ご一緒させて頂いた事で、御心配や御迷惑をおかけしてしまったり、また、未知との遭遇(?)
皆さまをビックリさせてしまったり…。

ですが、河鹿の皆さまは、温かく大きな気持ちで受け入れてくださり、気遣ってくださり…感謝の気持ちでいっぱいです。

第2ステージでのお客様達が、目をキラキラ輝かせ、ニコニコ笑顔で聴いて下さっている、一緒に歌って下さっている…
そんな姿を見つけた時、嬉しい気持ちが溢れてしまい、涙がウルウル広がりそうになりました。


来て下さったお客様に、『自分達が』一生懸命に練習してきた曲を聴いて頂く、『自分達が』楽しみ生き生き (元気に) 歌っている姿を見て頂く…
アマチュア合唱団の演奏会には大切な事だと思います。

河鹿合唱団は、それだけでなく、
来て下さったお客様にも楽しんでいただこう…
『皆さん、ご一緒に』楽しみましょう。
歌いましょう。
『共に音楽に触れる歓び・幸せ』をお客様に伝えられる合唱団…。

ご一緒させて頂き、河鹿合唱団の魅力にも気付く事ができました。

今回ご一緒させて頂いた事で、
私には大きな気付きがあり、学ぶ事ができました。有難うございました。

お役に立つ存在には、なかなかなれませんし、練習にもなかなか出席できないかもしれませんが、4月の取り組みに向けて、皆さまとご一緒に、良い音楽創りに参加させて頂けたら…と思っています。

どうぞヨロシクお願い致します。
 

レンタル掲示板
/24