teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


祝!近江竣工!!

 投稿者:hidebo(管理人)  投稿日:2010年11月12日(金)22時02分27秒
  みそろくさん、近江竣工おめでとうございます。

格好良いですね。アイオア級はスマートさが売り。大和は寸胴ですが相反する要素がうまく融合すれば素晴らしい造型になるって見本みたいな艦ですよ!!

そこで一つご相談です。実は鹵獲アイオア級、当方でも建造中で有りました。それも近代化バージョンで。

これ、みそろくさんの近江の未来の姿ってことで進めさせてはいただけませんか?うちとのコラボってことで。
実は「艨艟達の交響曲」の中で共産米国の船として途中まで製作していたものですが、うっかり大和の艦橋をのっけてしまいまして。

如何なものでしょうか?
 
 

お久しぶりです。

 投稿者:みそろく  投稿日:2010年11月12日(金)20時14分44秒
  HIDEBOさん、お久しぶりです。

HIDEBOさんの「尾張」に影響されて、アイオワ級戦艦の鹵獲バージョンを制作してみました。
拙い出来ではありますが、私のHPにて公開しております。

http://www.geocities.jp/warspite2006/

 

追悼

 投稿者:hidebo(管理人)  投稿日:2010年11月 8日(月)22時02分8秒
  昨日、11月7日(日)西崎義展プロデューサーがお亡くなりになりました。

氏の作品は宇宙戦艦ヤマトのみならず、ワンサくん、海のトリトンなど管理人がまだ子供の頃から親しんできた作品を手がけてこられ、昨年は氏の情熱、執念を掛けて製作された「宇宙戦艦ヤマト復活編」が公開されたばかりであり、その完成披露試写会では氏の年老いてはいたが、まだまだパワーは衰えていない姿をこの目で見たのが昨日のようです。

しかし、父島沖で、氏の所有する「YAMATO」からの転落事故により、永遠の旅に旅立たれてしまいました。

今年、12月1日には実写版ヤマトも公開され、復活編デレクターズカット製作終盤、来年にはリメイクのTV放映も噂されている今、旅立たれてしまったことが残念でなりません。

いつか機会があれば、ヤマトを復活させて頂いた感謝の気持ちをお伝えしたかった。この場をお借りして、お悔やみを申し上げると共に、感謝をお伝えしたいと思います。西崎プロデューサー、心より有難うございました。今は安らかにお休みください。
 

Re:初めまして

 投稿者:hidebo(管理人)  投稿日:2010年11月 8日(月)21時43分59秒
  さっちゃん様、書き込み有難うございます。

当サイト管理人のhideboと申します。さっちゃん様のブログ、拝見しました。今後も楽しい記事書いてくださいね。

さて、特撮画像でしたね。私はフォトショップを使用して、模型と実際の海の画像(観艦式などで撮り溜めたもの)とを合成しています。大した事はしていませんよ。ソフトの性能のお陰です。

最近、仕事の都合などで中々更新出来ていませんが、今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

http://www.yamatoshi-uruwashi.net/

 

初めまして

 投稿者:さっちゃん  投稿日:2010年11月 4日(木)21時03分36秒
   どうも初めまして。高校生モデラーです。 特撮、というワードで引っかかってお邪魔しました。

 「特撮画像」拝見させて頂きました。すばらしいです!感動しました。 で、質問なんですが、ああいう画像はどうやって作っていらっしゃるのでしょうか?何も分からない素人ですが、よろしければ教えて下さい。

http://jwsd-nskt.blog.so-net.ne.jp/

 

連絡

 投稿者:HIDEBO(管理人)  投稿日:2010年 9月18日(土)21時07分18秒
  管理人のHIDEBOです。

先日の小林誠先生をまじえてのお茶会に小林先生のブログを通じて参加された方、もしこの掲示板を御覧になられていたら、当サイトのメールアドレスまで至急ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

http://www.yamatoshi-uruwashi.net/

 

小林誠副監督とヤマトファンの集い

 投稿者:hidebo(管理人)  投稿日:2010年 8月29日(日)23時36分35秒
  8月28日(土)に小林誠さんのブログで告知されておりました、新宿でのお茶会に参加してきましたので、ご報告をさせて頂きます。参加者は私、HIDEBOと「やまとはくにのまほろば」のsa-toshiさん、友人「45400パーセクの彼方から」ブログ管理人のhikaruさん他、小林さんブログの告知をご覧になって集まられた5名の方です。

場所は西武新宿駅、新宿プリンスホテルの地下ラウンジに19:00時で待ち合わせたのですが。ここが混みあっていて、人数も予想(4~5名)よりも多い8名ほどが集まった事もあり、席が取れなかったことから急遽、迎いの喫茶ルノアールへ。

先ずは、小林さんがサインをして下さるという事で、各々が持参した復活編DVDやBD、ハイパーウェポン2009(中には『宇宙戦艦ヤマト 胎動編~わが心の不滅の艦』のVHSを持参した方も!)等にサインをいただきました。

その後、恥ずかしながら私の持参した「宇宙戦艦ヤマト復活編Ver」と架空艦「装甲護衛艦DBB-110大和」をお見せしながら和やかな空気の中、座談会がスタート。

内容は、勿論ヤマトに関しての話題がほとんどでしたが、小林さんにご持参いただいた設定デザイン画なども見せていただくことが出来ました。そして、え、そんなことまでお話していただいていいんですか!?ってなヤマト製作裏話やご苦労話や、実写版に関する情報なども話題に上りました。完全オフレコで、現在進行中のある企画についても教えて貰えましたが、正に驚愕!!是非とも実現していただきたい夢にまで見た内容でしたよ。

私は小林誠さんには初めてお会いしたのですが、とても親しみやすい気さくな方で、こちらの深い質問にも嫌な顔一つせず、真剣にそして笑顔で答えて下さっておりました。器の大きな方だなっていうのが印象に残りました。

小林さんは、「ヤマトを盛り上げていくにはファン一人一人がこうして活性させていくのが一番」だとおっしゃっておりました。
そうですよね。ヤマトを想う気持ちは十人十色。でもネガティブな意見だけでは良い方向には向かわない。ここがこうだから気に食わないってな文句だけじゃなく、こういう方向に持っていって欲しい、とか旧乗組員たちにも是非活躍の場を!!とかポジティブな意見でヤマトという作品全体を盛り上げて行く方が、新しいファンも増えてどんどん活性化していくんじゃないかと私個人としては感じました。

そうすれば、もしかしたら復活編の続編も有り得るんじゃないかと‥‥。(現状では復活編第二部は残念ながら無いそうです。そういう作り方をされていないそうで。『第一部完』のテロップは試写会公開寸前にある方が打ってしまったものだそうですよ。)

何はともあれ、私にとっては憧れのアーティストにお会いでき、本当に至福の時で有りました。第二段が有る事を願いつつ。

小林誠様、貴重な時間を作っていただき、本当に有難うございました。心から、感謝です。

http://www.yamatoshi-uruwashi.net

 

レンタル解禁まで「あと3日」

 投稿者:波動エンジン  投稿日:2010年 6月 1日(火)23時07分0秒
   ついに今週の金曜日に『宇宙戦艦ヤマト復活篇』のレンタルが解禁ですね~。
 セル版が一ヶ月以上先に延期になったのは、しょうがないとしてレンタル版は予定通りという販売戦略は、正直『?』です。
 アナザーエンディングがカットされちゃったし、噂の『ディレクターズ版』まで我慢しようかと思っています。
 でも、コスモパルサーの発艦シークエンスは必見ですから借りちゃうかも…。

http://blogs.yahoo.co.jp/hikaru19690059

 

お久しぶりです

 投稿者:ミリ飯級DDG  投稿日:2010年 5月29日(土)21時23分43秒
  HIDEBO様
お久しぶりです。
やっとのことで「なでしこ」が完成しました。
上からの写真です
参考にした艦は多数。フィクションの艦も参考にしています。
 

第105回海軍記念日に贈る

 投稿者:豊葦原 瑞穂メール  投稿日:2010年 5月28日(金)15時21分48秒
  拝啓 親愛なるHIDEBO様へ
 海軍記念日に際し、5年前に現場で詠んだ一句を披露します。

 「弔 対馬沖海戦」
 和戦 海変ぜず 波立たず
 献ずる花は散りゆけど
 英銘 誠は不変なり
 弔ずる歌は礎の
 銃声(つつおと)と共に築かれん
 嗚呼 想いを馳するも
 映ずるは皐月が狭霧のみ
 御魂 等しく此処に止まらん

                       皇紀二六六五年皐月二八日 作
                       海上自衛隊護衛艦「ひえい」後部甲板上
                       対馬沖海戦百周年記念追悼行事に臨みて

 100周年記念行事は昨27日と合わせて諸々有りましたが、27・28日の件が鬼の首を取ったが如く一生が思い出にせんと意識しています。
 では失礼仕ります。御身御大切に。                      敬具

                           皇紀2670年皐月28日 筆
                      海軍軍人の血を誇りに思う豊葦原瑞穂 拝
 

レンタル掲示板
/56