teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/13 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Relay011

 投稿者:『ハゲ猫博士』メール  投稿日:2010年11月23日(火)16時07分23秒
  通報 返信・引用
   硬直している警官に対して、まだ親のスネをかじっているのか独立したばかりなのかよくわからないような年齢の大男は容赦なく言葉を浴びせた。

 「よくわからんって、よく見なくてもわかるだろうが。『よくわからんけど』って、そんな『何もわかっておらんくせに若いモンには負けたくないとばかりに背伸びして無理やり購入したパソコンと格闘して苦戦中の中年男』がカスタマーサポートセンターに電話してから使いそうな使えない言い訳みたいなことを言うなよ」
 「は、はあ?何だってえっ?」
 「ま、あんたは背伸びしても俺には勝てないがな」
 「ぬぐぐ」

 その大男に素手では勝てそうにもない警官は、悔しそうに歯ぎしりするのみ。歯ぎしりをするついでに、相手が攻撃を仕掛けないことを祈った。

http://cat.ap.teacup.com/hageneko1304/

 
 
》記事一覧表示

新着順:2/13 《前のページ | 次のページ》
/13