teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/322 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「空前絶後」のオルセー美術館展

 投稿者:作家モト  投稿日:2010年 8月 7日(土)09時46分34秒
  通報
  話題の「オルセー美術館展 2010」(国立新美術館 8月16日まで)に夫婦で
行って来ました。

オルセー美術館の展示スペースの改装により、実現した「空前絶後」(主催の日経新聞
の記事より)の展覧会というのは、嘘偽りなし。ゴッホ、セザンヌなど好きなアーテ
ィストが概ね一致するワイフも、 大満足。「暑い中、来てよかったわぁ~」

展示される115点のうち、モネやセザンヌ、ゴッホなど名作60点が日本初公開で、
このうち2~3点だけでも、目玉にした展覧会が開けそうなほど豪華なラインナップ
です。

中でも、私の大好きなゴッホの作品が、7点も来ていたのは嬉しい。
始めて目にする初期の作品、そしてセーヌ河の夜景をモチーフにした「星降る夜」な
ど思う存分堪能しました。

印象派の代表的作品でありながら、おそらく日本初公開となる「日傘の女性」を始め、
ゴーギャンの「タヒチの女たち」、アンリ・ルソーの「蛇使いの女」など、有名ではあ
っても、実物を目にする機会の少ない作品を目の当たりにできるのも、スゴイです。

平日の昼間でしたので、切符は並ばずに買えましたが、展示場は、人がいっぱいでし
た。夏休みに入り、会期も残り少なくなってきましたので、混雑が予想されます。
できれば、平日(当館は、火曜日が休館日なので、お気をつけください。)のお出かけ
がお勧めです。

詳しくは、http://orsay.exhn.jp/index.html

画像は、ゴッホの「星降る夜」(同サイトから拝借しました)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/322 《前のページ | 次のページ》
/322