teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


氷瀑~ぽんぽこ様

 投稿者:沢グルメ  投稿日:2018年 2月 3日(土)22時27分42秒
  ぽんぽこさんこんにちはー!

いやいや毎日寒い日が続いてますね~☆今年は本当に寒い冬だと思います。
ご紹介頂いた古閑の滝周辺の氷瀑・・・かなり良いですねー!! しっかり凍ってる
ようで見た目も良いです◎ 明日からまたぞろ寒波が入るようですので、更に凍てついて
氷瀑が発達するかもしれませんね! もうちょい標高が高いトコにあれば登ってみる!?!?
って感じでしょうが、でも見た限りにおいてはかなりイケそうな氷瀑でした!
ご紹介ありがとうございます。阿蘇界隈には最近行ってないので訪問してみたい
と思います! また色々と教えて下さいね♪ 宜しくお願いします。
 
 

氷瀑

 投稿者:ぽんぽこ  投稿日:2018年 1月30日(火)23時19分0秒
  こんばんは。
阿蘇の氷瀑と言えば古閑の滝ですが、その周辺にも見事な氷瀑が有る事をご存知でしょうか?
滝そのものが凍ったような氷瀑。もう少しで地面に届きそうな氷瀑。
今は沢にはお休み中のようですが、そんな氷瀑にアタックするというのも楽しいのでは?!
私の力量では何ともなりませんので、ブログの氷瀑を見て頂き、寒い季節を楽しんで頂ければのご案内です。
 

道十里

 投稿者:沢グルメ  投稿日:2017年12月14日(木)17時12分51秒
  福山さんこんにちはー!
先日はモーさんの所で大変お世話になりありがとうございました☆


で、行かれましたか!? 道十里☆ あの付近、中々素敵な森が広がっていますよね!
九電保守道が出てくる付近からいくつかの枝道に分かれてるようでしたから、まだまだ
色んな角度から楽しめると思います。何たって特筆すべきは、道十里からダム下方面に
かけての斜面がほぼ完ぺきな原生林帯になってると言う事ですよね☆ 前々から良い森
だなぁ~・・と思ってました♪ またあの付近の藪山探索しましょー!
 

駒啼川ぽんぽこさん

 投稿者:沢グルメ  投稿日:2017年12月14日(木)17時09分48秒
  ぽんぽこさんこんにちはー!

12月に入って冷え込みましたね~☆ お寒い中の渓谷滝詣で素晴らしいです。見習わなきゃです^^♪

駒啼川の三段滝、拝見しました!いや実に見事ですねー☆ 前衛の小滝群を越えて
おどろおどろしく登場する三段滝には威圧感と迫力を感じました! まだこのような
名瀑が密かに隠れているのですねー!驚きました。

また滝探索のお便りお待ちしてますー!
 

南畑ダム

 投稿者:福山  投稿日:2017年12月13日(水)21時44分6秒
  沢グルメさんのレポで行ってきました。最初の三角点まで。で帰りはと、戻るのは面白くないし、途中の分岐まで引き返して、テープに沿って杣道をダムサイトに、ダムの事務所のところの階段を降って行くと九電の杣道でトラロープを使った遊歩道クラスの道を平行移動して、竹林のところに戻り周回で戻れました。
ダムサイトのブールーの点線(国土地理院)がなんなのかわかりました。
 

新滝の情報です

 投稿者:ぽんぽこ  投稿日:2017年12月 8日(金)12時26分55秒
  お久しぶりです。
先日、添田町の彦山川支流駒啼川に滝マークを見つけて訪問してきました。この滝に関する情報はネット検索しても何も出てきませんので、沢屋さんの遡行もほとんど行われていないと思います。三段の滝になっていますが、私の技量では上段の正面に立つことは出来ませんでした。
2つのいやらしい堰堤越えの後、数百mの間に5つの滝を越えて、本滝に到着するという短いコースですが、一見の価値がある滝と思います。
詳しくは私のブログで「駒啼川散策 その1・その2」で掲載していますので、お時間がある時にご覧ください。
 

続追川界隈

 投稿者:沢グルメ  投稿日:2017年 6月23日(金)23時55分32秒
  ぽんぽこさん、お知らせありがとうございます☆
さっそく拝見しましたが、これ中々な渓相ですねー!! 滝あり釜ありの
アトラクション満載じゃないですか☆ いやいやまだmだ奥深い地域です☆

情報ありがとうございます!
 

追川を追加しました

 投稿者:ぽんぽこ  投稿日:2017年 6月22日(木)18時36分41秒
  こんにちは。追川を写した写真をブログに掲載しましたので、お時間がある時にご覧いただければ幸いです。
写真を掲載した所はそれなりですが、写真に写せなかった木々の微かな隙間から見えていた渓流は、掲載した写真の上を行くと思って頂いていいと思います。
 

追川界隈

 投稿者:沢グルメ  投稿日:2017年 6月19日(月)22時37分28秒
  ぽんぽこさん、こんにちはー!
面白そうな渓谷の紹介ありがとうございます☆ 日之影の追川ですね♪ 確かにこの追川水系の
各支谷には、面白そうな等高線の谷がありますよね~・・ご指摘の山頭地区に上がる谷も中々面白そうですね!
追川の本流の様子はこれまで見たことが無かったのですが、小滝に釜の連続で、小気味良い渓相になっている
ようで、これも面白く遡行できそうです!この界隈から更に南側の河川にも、まだまだ様々な表情を持った
渓谷が眠っていそうですね☆ 諸塚村界隈もまだまだ捨てたものではないのでしょう♪

これから梅雨に入り、一旦リセットされた渓谷は、夏場に向けて着々と体制を整えるようで、今年も
盛夏が楽しみです! また新たな渓谷のお便りお待ちしてます!
 

日之影町の谷

 投稿者:ぽんぽこ  投稿日:2017年 6月17日(土)14時19分45秒
  こんにちは。日之影町で面白そうな谷を見てきましたので、紹介いたします。
県道209号線に沿って流れる追川ですが、国土地理院の地図で芭蕉の元集落の上流に有る砂防ダムの上流から約1kmが凄いみたいです。大きな滝は有りませんが2~5mの落差の滝が連続し、2m程度の小滝でも大きな渕を持っているようでした。「泳げ!」と「登れ!」の連続の谷みたいです。県道がすぐ横を通っていますので、遡行の対象になるかどうかは分かりませんが、日之影町に行かれた時に県道から覗き込むだけの価値はあると思います。
遡行する場合は、砂防ダムのすぐ上流に川に降りる階段が有りましたので、そこを入谷地にすると良いと思います。また、山頭集落に突き上げる支流も面白そうな等高線を持っています。
ブログで紹介したいのですが、木々に邪魔されて、ほとんど写真を写すことが出来ませんでした。
 

レンタル掲示板
/13