teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


トフシアリ1

 投稿者:ウィンドノット  投稿日:2005年 9月 2日(金)19時38分19秒
  クッキーに集まったトフシアリ。
普通種ですが地表で観察するのは難しいようです。

地表を歩く個体はかなり少ない。
地表が乾燥しているときには出てこない。
サクラアリなどは小さくても落ち葉の表面や出っ張りを歩くので目に着くが、トフシアリは落ち葉の裏や遮蔽物の際を歩く事が多く目に着かない。
エサを撒いてもヒメアリのように目に着くような行列が出来ない。
エサに集まっても他種のアリが嗅ぎ付けて集まれば簡単に蹴散らされて地表から姿を消してしまう。
この観察時にも10分後にはアズマオオズアリに餌を占拠され見えなくなってしまいました。
 
 

キイシリの件

 投稿者:ウィンドノット  投稿日:2005年 9月 2日(金)00時29分59秒
  写ってるオスアリはおそらくキイロシリアゲアリだと思います。
ただ自販機にはフタフシアリ亜科のオスアリが色彩は同じながら大小2種集まっていて100%の確信が持てません。

毒に関してですがヤマアリ亜科の噴出する液は酸であることは確認されていますが、ハリアリ亜科やフタフシアリ亜科の毒針から出る液は酸ではなくハチ毒に似たアルカリでは中和出来ない酸とは違う毒だと想像しています。
キバハリアリやヒアリなど強烈に作用する毒もあるので、アリ毒を分析したサイトが有るのではと思うのですがまだ行き当たっておりません。
データベースの「科学的防御物質」と言う表記も蟻酸とは違う毒性を表しているのだと思います。
 

キイロシリアゲアリ2に写っているのは

 投稿者:おおのやすよ  投稿日:2005年 9月 1日(木)22時50分13秒
  ウィンドノットさんも、ご投稿ありがとうございます。
りゅうようさんがずいぶん前にご投稿くださったものも含め、近日中に知識ノートに
転記させていただきます。

ウィンドノットさんの「キイロシリアゲアリ2」に写っている小さい羽アリ2匹は
キイロシリアゲアリの雄でしょうか。
また、刺針(と呼んでもいいのでしょうか)から放出する「毒液」というのは
蟻酸とは違うものなのでしょうか。
(データベースの「シリアゲアリ属」の説明
http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/J/Taxo/F421--.html
では「科学的防御物質」とありますが
 何か使い分けのようなものがあるのでしょうか)
もしお分かりでしたらご教示いただけるとうれしいです。
 

キイロシリアゲアリ2

 投稿者:ウィンドノット  投稿日:2005年 9月 1日(木)22時21分29秒
  有翅雌と脱翅雌。
体長約7ミリ
尾端に針が見える。但しこの針は刺すためのものではなく、攻撃を受けたときに毒液を放出するために使われる。
 

キイロシリアゲアリ

 投稿者:ウィンドノット  投稿日:2005年 9月 1日(木)22時13分34秒
  撮影日時と場所 2005年8月31日 三重県
腹面からの画像

19時半頃、自販機に集まって来たのを捕獲しました。
同時期に色の良く似たアズマオオズアリも飛行しますが、キイロシリアゲアリの女王は腹部がハート型で尾端がとがっている事で見分けがつきます。
 

アシナガキアリ

 投稿者:りゅうよう  投稿日:2005年 8月20日(土)18時38分17秒
  大きさ 働きアリ体長4ミリほど。
生息地は南西諸島から沖縄あたりまで。
主に石灰岩地にある石下などに生息していますが、決まった巣を作らず環境が悪くなると引越しをします。

http://white.ap.teacup.com/ryumarty/

 

オオシワアリ

 投稿者:りゅうよう  投稿日:2005年 8月20日(土)18時33分6秒
  巣内交尾をするか実験中。
↓はメスの羽アリの写真です。

http://white.ap.teacup.com/ryumarty/

 

オオシワアリ

 投稿者:りゅうよう  投稿日:2005年 8月20日(土)18時31分45秒
  大きさ、女王6ミリ 雄アリ5ミリ 働きアリ3~4ミリ。
飛行時期は7月から8月の終わりまで飛行するようです、時間は午後3時から6時あたりまで。
主に開けた場所に巣を作るようです。
↓はオスの羽アリの写真です。

http://white.ap.teacup.com/ryumarty/

 

アカヒラズオオアリ

 投稿者:りゅうよう  投稿日:2005年 8月20日(土)18時25分6秒
  女王の大きさ6ミリほど。
飛行時期は7月から8月ごろまで、羽アリは灯火やテレビなど明るいものによってきます。
ヒラズオオアリと同じく特徴的な頭で女王は四角のような形をして色が赤い。
日本では南西諸島から奄美大島あたりまで生息しているようです。

http://white.ap.teacup.com/ryumarty/

 

もう一つのDB

 投稿者:土生  投稿日:2005年 8月19日(金)03時14分32秒
  たくさんの人が訪れ、活用してくれる「もう一つのデータベース」として
着々と充実していく様をみるにつけ感慨深いものがありますね。
とても大変な取り組みですが、がんばってください。
皆さんのお役に立てるなら・・と、微力ながら応援しますよー
 

レンタル掲示板
/19