teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


23年春・混乱の政局に思う

 投稿者:天本俊正  投稿日:2011年 2月23日(水)13時56分11秒
  23年度予算の執行が危ぶまれている。衆参のねじれが原因とされているが、本当か?どうしても必要な法律なら国会は成立させるはずだ。どうしても必要な法律ではないから、予算法案の成立が危ぶまれる。赤字特例国債を認めていいのか。例えば、子供手当てだが、子供は親の稼ぎと責任で育てるべき。犬や猫でも自分の子は自分で育てる、という。「育児の社会化」なんて、とんでもない社会主義的な考えで、社会破壊そのものだ。いま、社会福祉は、極端な過剰給付の状態になっている。日本国民は、過剰福祉という「アヘン」に耽溺しつつある。中毒から脱するには、荒療治も考えなければならない。赤字特例国債の発行ができなくなるのは、むしろ結構なことではないか。建設国債と許される短期国債で食いつなぎ、福祉手当は、支給しない。国民の自助努力と地方自治体の才覚に期待しよう。福祉削減20兆円で、一挙に健全財政に戻れる。銀行は、預金を国債購入に回せなくなるので、民間投資を懸命に促進氏、貸出先を探すしかない。国民は、仕事を作り出すだろう。
国民は、決死の覚悟の背水の陣で、自分の生活の建て直しを実行しなければならないだろう。総理が、誰であろうとも、この緊急事態の総理には、100%の支持を出すのが、大人の国民だろう。
国民が、一つ心になって、財政のみならず、外交も、そして「女は子供を生まず、男は国を守らない」道徳の荒廃を含め、国難のときを突破する勇気を取り戻す時なのだ。

 
 

横車

 投稿者:一骨  投稿日:2011年 1月23日(日)10時26分36秒
  亀鳴くや中露が押して横車 一骨   

菅内閣は総辞職を

 投稿者:憂人  投稿日:2010年 9月25日(土)22時55分26秒
編集済
  尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に衝突してきた中国漁船の船長を、中国の圧力にあっさり屈して釈放した件の責任を取り、菅内閣は総辞職する以外にない。

主権と領土を他国に譲らんとする政治家は、わが国には必要ない。
菅や仙谷や前原のような、国益を守る気概が欠片もない者たちは、国の舵取りをするポストに就くべきではないし、能力が無いなら、引き受けるべきではない。もはや彼らを政治家と呼ぶことすら躊躇われる。
船長を奪還した中国が、有難うこれからは仲良くしようねなどと言うとでも思ったのだろうか。中国は、日本側の対応の甘さに、喜ぶよりも驚いていることだろう。これで尖閣諸島は手中に収めたも同然と、祝杯を挙げているに違いない。

政治家に、クリーンさなど必要ない。民主党は改めて小沢一郎を代表に選出し、自民党内からも「能力のある」政治家を選んで要職に配し、今回のような痛恨の判断ミスを防ぐ必要がある。現執行部を結果的に選んでしまった我々もこのことを肝に銘じ、現在の宰相不幸社会を脱しなければならない。
 

鳩山首相

 投稿者:座禅草  投稿日:2010年 4月21日(水)09時27分3秒
  鳩山は亡国の首相である。中国の艦隊が沖の鳥島を一周しても何の抗議もできずにいる。それどころか普天間移設問題では「トラストミー」の滑稽芝居に始まり、混乱の極に至らしめ、あろうことか「東アジア共同体構想」なるものを持ち出し、中国に擦り寄り、中国に付け入いらせる隙を見せているのだ。即刻退陣すべきだ。  

(無題)

 投稿者:一民間人  投稿日:2009年 3月 7日(土)13時09分58秒
  西松建設の献金問題が新聞紙上を騒がせている。この異常なる経済状況の時に検察もくだらない国策捜査を行いまったくもって言語道断だ。我々が求めているのは清廉潔白な無能な政治家ではない。それなら生まれたばかりの赤ん坊にでも首相をやらせておけば良い。我々が望むのは能力のある政治家だ。強力なリーダーシップを発揮できる人物である。  

民営化の形態

 投稿者:座禅草  投稿日:2009年 2月11日(水)11時22分15秒
  郵政公社の4分社化の誤謬
そもそも4分社化が暴挙である。人体を頭、両手、両足、胴体とぶった切るに等しい。
それぞれに企画、経営の本部機構を必要とし屋上屋を重ねる不経済をもたらす。効率化に逆行の何物でもない。
 

民営化反対!

 投稿者:Three Islands  投稿日:2009年 2月 8日(日)22時37分14秒
  本音を言うなんて偉いじゃないか、阿呆いや麻生首相!
群れて他の人の顔色ばかり窺う政治家は、もうたくさん。
 

良いこともしている

 投稿者:小泉信者  投稿日:2005年 8月 4日(木)13時13分14秒
  道路公団や郵政では失政が目立つが、こと靖国に関しての行動や従来より踏み込んだ発言は歴代首相の中で一番だ。たまには良いこともしている。  

理念なき政治家のによる怨念の郵政民営化

 投稿者:ムカデの一刺しメール  投稿日:2005年 7月 4日(月)21時46分52秒
  今日7月4日骨抜きの郵政民営化法案が衆院郵政特別委員会で可決された。正に国会茶番劇第1幕が終わり明日衆院本会議可決と言う筋書の第2幕で終演となる。だが政治業3代目である小泉純一郎氏による郵政民営化の真の目的は唯ひとつ、特定郵便局の利権潰しに他ならない。理由は簡単、昭和44年父親である純也氏が急逝し遊学中のロンドンから急遽帰国して初出馬した際、浜口雄幸内閣の逓信大臣を務めた氏の祖父又次郎氏により郵政利権に在り付いた三浦地区の特定郵便局15局の局長がその恩を忘れ、後に新自由クラブ代表を務める田川誠一氏をかついだため、神奈川二区で次点で落選したからで、その選挙の自民党初出馬組で小泉氏唯一人が落選した事が誇り高き氏のプライドを大いに傷つけたであろうと容易に推測される。
この地元で有名な話がメディアで一向報じられないのは摩訶不思議である。
でもこの36年がかりで晴らす政治的怨念、執念を通り越して妄念と言うべきか?
凡人には想像出来ないこの行動が正に変人と言われる由来であろう。
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 5月16日(月)09時12分51秒
  皆さんの意見を、お待ちしています。  

レンタル掲示板
/1