teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


お見舞い御礼

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月19日(土)10時12分4秒
返信・引用 編集済
  ohtomoさん
ゆた3さん

ご心配ありがとうございます。
昨日は寝具類を分けて第一に避難先と考えている相馬に運びました。
原発から40kmの円周上に位置するところです。

相馬の避難地は寝具類、図鑑、資料などを運び込んだだけで、そこに避難しているかどうかはまだ決めていません。

今のところは、放射能レベルに注意して、原子炉へ電源がつながり、機動可能になるかどうかを待つつもりです。

相馬市ではところどころお店やガソリンスタンドが開いていて、グレープフルーツ2コ、シイタケ2パック、マイタケ1パック、タマゴ10コ、ピーマン5コを買ってきました。
お米は15日に新たに30kg精米してきましたので、しばらくは食糧ももちます。

写真は14日の原町火力発電所のオイルタンク火災です。

1枚目中央は鹿島区の真野漁協の建物です。
建物の東向こうはサーファーが訪れる公園でした。発電所手前には民家が立ち並ぶ烏崎(からすざき)の集落がありました。

その集落の中に知人のTさんの自宅があったのですが、流失していました。
後で連絡がつき、ご家族全員無事に避難していました。

Tさんは地質や化石で知られている方で、市の博物館、資料館の代わりに倉庫にはたくさんの化石がありました。タイプ標本数点もお持ちでしたが、すっかり失われました。

3枚目の写真は撮影位置で真野川最下流の橋です。
欄干の上に右田浜にあったと思われる黒松の大木がのっかかっています。

たった今、気仙沼市で津波瓦礫の中から若い男性一人が救助されたとのことです。
思わず歓声をあげました。
 
 

Re: 心配ですね

 投稿者:ゆた3メール  投稿日:2011年 3月18日(金)22時18分38秒
返信・引用
  > No.4623[元記事へ]

ohtomoさんへのお返事です。

 クリさんが撮られた写真を見る度、津波のすごさを感じています。

 30km圏内は、生活物資が届かなくなって、生活できなくなってしまったらしいです。宅急便も救援物資も配達してもらえないとのことです。ひどい話です。屋内待機になってしまったところには、東電の社員が食料や生活物資を配って歩くべきではないのか!
 東電の発表は遅いし、原子力保安院の広報担当者のたどたどしさは何かを隠しているのではないかと信用できないし、IAEAに期待したい。
 それにしても、東電の社長は何も発表していない。会社の代表として何か言うべきだと思う。原発を作ったり、プルサーマルをやりたいときだけ知事に会いに来る。それが東電の体質かと憤慨してます。

http://takaharan.exblog.jp/

 

心配ですね

 投稿者:ohtomo  投稿日:2011年 3月18日(金)12時31分37秒
返信・引用
  報道によると、南相馬市の30k圏内でも全員避難の方向とか
クリさんたちも避難するのでしょうか
もう少し様子みてもいいような気がしますが、、、
 

国道6号線南相馬市~相馬市

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月18日(金)09時45分4秒
返信・引用
  南相馬市鹿島区の小島田(おしまだ)地区は、津波が6号線を越え、常磐線を越えたさきまで行って、ようやくその力を落としました。

しばらく旧道を迂回せねばなりませんでしたが、14日に開通しています。
南相馬市原町区から相馬市までの開通を確認しているだけですので、ご注意ください。

国道115号線は通れると聞きました。

写真は鹿島区小島田あたりの津波痕です。


南相馬市は被爆を怖れている方々が避難し、もう人影を見ません。
でもテレビによると、まだ3万人が残っていて、今日から3日間で全員避難ということになったそうだ。

昨夜、自衛隊による3号機への放水直前、テレビで「水蒸気爆発が起きる可能性もある」と言ったので、驚いて避難準備を整えた。

放水結果、成果にかんする東京電力の会見は、午前0時過ぎになってからだった。

その間、いろいろ考えたが、建屋の屋根がすでに壊れているから、水素は常時抜けている状態であることを考えれば、爆発の危険はなかったのじゃないでしょうか。

そんなわけで昨夜も避難しませんでした。

自宅は水道も電気も使え、食糧もまだ間に合っていますが、「市民全員避難」となると、この先物資は届かなくなるんじゃないかと思う。

津波被災者は別として、南相馬市は現在のところ、風向きと放射能レベルだけを見守っていれば良い状況です。



 

ガソリン配給

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月17日(木)14時31分37秒
返信・引用
  昨日は鹿島区で、今日は原町区でもガソリンの配給がありました。

今日は北西からの風がとても強い。

でも空は青く、日差しも春。

いい天気でも、外に出てはならない、外の空気を吸ってはいけない、風に吹かれてはいけないなんて、なんてバカげたことを大人はしているのでしょうね。

ウグイスも13日から鳴き始めました。
 

南相馬市萱浜

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月17日(木)13時22分24秒
返信・引用
  12日午前の様子です。

3枚目
我が家のヤギは、冬場の食糧は海辺で栽培されていたキャベツに依存していました。

キャベツ出荷場は立派なトマトハウスも経営しておりました。
そのハウスの骨組やビニールが「ヨッシーランド」のそばまで流されていました。

ヤギの冬場の食糧がこんな形で絶たれるとは想像したこともありませんでした。

11日はトマト会社は休日で従業員一人と社長だけだったそうです。
従業員には「すぐに帰れ」と言い、従業員は無事でした。

いつも笑顔で、キャベツくずを軽トラックに満載してくださった社長は、今日もまだ安否不明です。

無事に難を逃れていて欲しいです。
 

南相馬市萱浜

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月17日(木)13時04分36秒
返信・引用
  南相馬市萱浜(かいばま)の12日午前の様子です。

1枚目
国道6号線より300m程度海の方へ下がったあたりまで、津波がやってきました。
遠くに小さく見える四角の建造物は新田川河口の水門です。
撮影位置と水門までの間には、広大な水田と立派なビニールハウス、当然たくさんの人家がありました。

2枚目
介護施設「ヨッシーランド」

3枚目
「ヨッシーランド」からちょっと東側に、義妹の自宅がありました。
避難して無事ですが家は流失。
家が見えないほどの屋敷林に囲まれていましたが、杉の木が3本残っていただけです。
 

津波襲来

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月17日(木)11時41分8秒
返信・引用 編集済
  11日の地震があった時は相馬市和田地区に入っていました。

松川浦周辺など海に近いところに入る時は、これまでもいつも津波を想定して気を抜かなかったことが幸いしました。

大急ぎで帰る途中、宇多川河口にかかる百間橋を渡ろうとしたら、目の前に津波が来ていて、川が盛り上がっているように見え、左を見るとすでに松川浦のヨシ原などは水におおわれ、海までが一望でした。

写真奥に見えるビルは岩の子地区の民宿です。

車をバックさせて難を逃れましたが、後続車が対向車と何か話しているちょっとの間に撮影しました。
 

相馬市大洲海岸

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月17日(木)11時28分33秒
返信・引用 編集済
  自宅はトラブルを起こしている福島原子力発電所から20kmで、避難指示が出ております。しかし、避難場所が川をはさんでわずか数百メートル先で、実際は放射能レベルも上がっていないので、自宅にて屋内退避を選択しています。

津波の翌日12日の相馬市大洲海岸の様子です。

1枚目
原釜、相馬漁港側から大洲海岸に出るトンネルが見えます。
トンネルから先の海岸道路はほぼ倒壊し、ところどころは海とつながっています。
鵜ノ尾岬の中腹まで岩肌が露出して白く見えるのは、津波が走った跡と思われます。
駐車場のトイレの屋根が見えます。

2枚目
一番手前に見える緑が防波堤のあった位置。その向こうに白っぽく見えるのが、泥をかぶった植栽の松林です。

3枚目
大洲海岸から南に位置する寄木神社鳥居前からの撮影です。
防波堤がすっかりなし崩しになり、ところどころにはきれいな砂州が復活しています。

防波堤の西側には住宅が密集しておりましたが、跡かたもなく、携帯電話のアンテナだけが無傷みたいに見えます。
 

よかった

 投稿者:871  投稿日:2011年 3月16日(水)21時35分59秒
返信・引用
  皆さん、ご無事なようで安心しました。

特にクリさんのお住まい付近は、津波の影響が大きかったので心配していました。

復興に向けて頑張りましょう。

もちろん、福島の生き物たちのためにも!

http://fauna.blog34.fc2.com/

 

皆さんご無事で

 投稿者:梅里  投稿日:2011年 3月15日(火)19時35分7秒
返信・引用
  いつもこの掲示板を見ている水戸の梅里です。
クリさん、ハルモモさんの書き込みで皆さんの無事を確認できました。
ありがとうございます。
茨城の虫仲間全員の無事は確認出来ています。
ヒヌマイトの産地ですが、松川浦のほか、新地、宮城県内では山元町、岩沼、松島湾、野蒜海岸近辺、北上川河口など学生時代から見ている全ての生息地付近がニュースで流れるたびに愕然としています。
茨城では、涸沼は多分無事ですが利根川は可動堰下流なので?です。
ヨシ原が無事でも底質の堆積層の激変や油類の流入でどうなるか分かりませんね。
時期になったら東日本の生息地を確認してきます。

http://bairi3.com/

 

diggerさん無事

 投稿者:リンコ  投稿日:2011年 3月15日(火)18時08分14秒
返信・引用
  川俣の避難所で皆さんのお世話をしているそうです。

http://rinko1211.blog88.fc2.com/

 

安否確認

 投稿者:リンコ  投稿日:2011年 3月15日(火)14時38分43秒
返信・引用
  ?ジークさん

ありがとうございます。
ご心配かけております。ときどきブログ覗かせて頂いていました。
頑張りますね。

?diggerさん

ご無事でしょうか?
お姫様も大丈夫でしょうか?
心配してます。
連絡出来る状態でしたらお願いします。

http://rinko1211.blog88.fc2.com/

 

Re: 無事です

 投稿者:ジーク  投稿日:2011年 3月15日(火)10時38分36秒
返信・引用 編集済
  > No.4609[元記事へ]

リンコさんへのお返事です。

> 幸い無事でした。
> 871さん、ふがっくすさん、アリタケさん、クリさん、海獣さん、T嬢(フリーさん?)、S.Y師匠親子、ゆた3さん夫妻、ヤドカリさん夫妻も無事を確認出来ています。
> まだいろいろと大変ですが、頑張りましょう!!

はじめまして。871さんのブログにリンクを貼らせて頂いているジーク(IM)というものです。
連絡のしようがなかったもので凄く心配しておりました。
無事という事でほんとに一安心です。
ご報告して下さり感謝いたします。

まだまだ大変な時期が続くと思いますが、こちらも可能な限りの節電や小額ながら募金等で引き続き応援しておりますので頑張って下さい!!

それでは。
 

ヒヌマイトトンボ生育地

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月15日(火)10時10分36秒
返信・引用 編集済
  押し流された船や、大量のゴミが散乱しています。

2枚目の船が写っている写真の左端の水は、浦の水をせき止めていた防潮堤が決壊している様子です。
手前は大量の泥が堆積しています。

泥の堆積は津波後のどこでも見られ、通れるようになった道もまるで圧雪状態のようにデコボコです。

決壊している様子を拡大したのが3枚目の写真です。
 

無事でおります

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 3月15日(火)09時35分7秒
返信・引用
  皆様へ

浜通りは甚大な被害をこうむっており、順次、こちらの様子をUPしてゆきたいと思います。

幸いにして自宅の二階屋根のグシが崩れたほかは、家族ともども怪我もなく無事です。

娘によると、インターネットは14日昼前からつながったそうです。
携帯電話は、つながることもありますが、まだ、つながらない方が多いようです。

テレビで海獣さんの無事の様子を確認できています。

ハルモモさん、リンコさん、ふがっくすさん、ご心配いただき、本当にありがとうございました。

添付画像は津波後の松川浦の「ヒヌマイトトンボ」生育地の様子です。

おいしいアイスまんじゅうを置いていたローソンもこのとおりでした。

 

無事です

 投稿者:リンコ  投稿日:2011年 3月14日(月)21時36分5秒
返信・引用
  幸い無事でした。
871さん、ふがっくすさん、アリタケさん、クリさん、海獣さん、T嬢(フリーさん?)、S.Y師匠親子、ゆた3さん夫妻、ヤドカリさん夫妻も無事を確認出来ています。
まだいろいろと大変ですが、頑張りましょう!!

http://rinko1211.blog88.fc2.com/

 

無事でしょうか

 投稿者:ハルモモ  投稿日:2011年 3月14日(月)06時34分22秒
返信・引用
  おはようございます。13日夜やっと携帯復活。裏磐梯はライフラインほぼ無事、被害少なくみんな無事。
みなさん無事ですか。ビジターセンターで阿武隈イワナさんの無事聞きました。浜通りのクリさんdiggerさん海獣さんが特に心配です。
みなさん元気でいますように。節約して乗り切ろうと思います。
 

Re: 只見町でニホンジカ発見!

 投稿者:871  投稿日:2011年 3月 9日(水)18時19分20秒
返信・引用
  > No.4606[元記事へ]

▼ゆた3さん

数年前、旧南郷村のTさんからニホンジカが入って来ていることを聞きました。
いよいよ只見町にもなんですね。。

ところで、南会津方面への進出はシカだけでないと聞きました。
福島市在住の某風景写真家(元野鳥写真家)もだとか?

南会津方面がまた熱くなりそうですねw

http://fauna.blog34.fc2.com/

 

只見町でニホンジカ発見!

 投稿者:ゆた3メール  投稿日:2011年 3月 6日(日)21時16分34秒
返信・引用
   今日、田子倉ダム直下から小戸沢をXCスキーでスノーハイクしてきました。

 沢の河畔を歩き始めたとき、川の中を必死で上流へ逃げていく大きな動物を発見!カモシカかと思ったのですが、ピョンピョンと逃げていくスマートな姿とキュートな白いおしりはニホンジカ! 雪が解けた沢の土手の中をねぐらにしていたのでしょう。なるほど、深雪に弱いニホンジカでも、川の中は雪がないので移動できるし生きていけるのでしょう。檜枝岐や尾瀬にいるニホンジカもそうして冬を乗り越えているのかもしれません。同行した人は、只見町の別の沢でもニホンジカを見たそうです。
 あっけにとられていたうえに、小さなコンデジしか持っていなかったので、写真は撮れませんでした。残念というより、驚いた・・・。

http://takaharan.exblog.jp/

 

ふがっくすさん

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 2月28日(月)21時00分30秒
返信・引用 編集済
  ありがとうございました。

いろいろ検索してみましたら、オツネントンボの場合は翅の縁紋の位置が重要なポイントなんですね

それと知らずに頭部ちかくばかりねらいましたw

今日は雪降りでしたが、こちらは暖かい日が続いていたので、夜、外に出ると蛾がたくさん飛び交っていました

このオツネントンボは庭の鉢植えに来ていたそうです

写真は今日のマツランとキヨスミイトゴケです
 

オツネントンボ

 投稿者:ふがっくすメール  投稿日:2011年 2月27日(日)17時31分0秒
返信・引用
  クリさん、遅くなりました。
写真はオツネントンボのオスです。

室内とか物置あたりで見つかったのではありませんか?
 

ふがっくすさん

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 2月20日(日)09時22分25秒
返信・引用
  今朝、トンボが持ち込まれました

ホソミオツネントンボでよろしいでしょうか。

できれば♂♀も教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。
 

Re: ハクチョウ

 投稿者:871  投稿日:2011年 2月 2日(水)18時17分44秒
返信・引用
  > No.4601[元記事へ]

▼クリさん

> 871さんの『ふくしまの生き物たち』のなかで「モヒカン刈り・・」と紹介されているコハクチョウも来ています。
>
> ハクチョウを長年追いかけている人によりますと、このハクチョウは今年で25年の連続飛来だそうです。

ウィキペディアによると「寿命は野生で最長20年ほど、飼育状態では20年~30年ほどである」そうなので、25年とは相当、長生きですね。

各地の餌付け禁止によって、ハクチョウ寿命も変わってくるかもしれません。。

http://fauna.blog34.fc2.com/

 

ハクチョウ

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 1月27日(木)10時48分7秒
返信・引用 編集済
  ふがっくすさん>講演、おもしろくかなり集中して聞くことができました。
        ホウネンタワラチビアメバチは教えていただいた瞬間からファンになって                   います。


>我が家裏の飛来数も250羽ほどに増えています。

鳥インフルエンザが県内でもみつかっているので、監視が始まっていますが、500羽を超える飛来地点が対象となるのだそうです。

相馬市はオオハクチョウが多いですが、我が家裏はコハクチョウがほとんどです。

871さんの『ふくしまの生き物たち』のなかで「モヒカン刈り・・」と紹介されているコハクチョウも来ています。

ハクチョウを長年追いかけている人によりますと、このハクチョウは今年で25年の連続飛来だそうです。

今季は昨年生まれの子供連れです(灰色の嘴がピンクの個体)

溝口先生に助けていただいた個体も昨冬に引き続き来ています。
でも鳥の目には他個体と違っている点が一目なのでしょう。
今年も先日カラスにお尻を突かれて血を流していて、どうなることやらと思っていましたが、現在は回復したかのように見えます。(一番下の写真)
 

Re: 講演・研修会

 投稿者:ふがっくすメール  投稿日:2011年 1月23日(日)17時04分2秒
返信・引用
  クリさん、ご心配おかけしました。
おかげさまでよくなりました。

さて、24日は私はどちらかというと前座・・・
私自身が宇根さんの話を楽しみにしています。

私の話は田んぼにどんな生き物がいるのか、まあ、ここの皆さんはご存知かとは思いますが、それらをたくさんの写真を使って紹介します。
S.Yさんにも写真をお借りしています。

クリさんはおいでになるのですね?よろしくお願いします。
 

オオマシコ入りました

 投稿者:satotax  投稿日:2011年 1月16日(日)20時48分35秒
返信・引用
  詳しくは、M林のT氏にお問い合わせを

http://satotax.exblog.jp/

 

講演・研修会

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 1月15日(土)11時01分18秒
返信・引用 編集済
  ふがっくすさん>お大事になさってください。研修会を楽しみにしています。

皆様>南相馬市において、ふがっくすさんと宇根 豊氏の講演があります。

   開催日時:1月24日(月曜日)

   時  間 :13:20~16:00

      会  場 : サンライフ南相馬集会室(県道福島川俣線を原町に入って直進、
         突き当りの右角)

   講演内容:ふがっくすさん;生物多様性調査の結果から
        宇 根 豊 氏 : 生き物から見えてきた農業のすがた

   入場無料

   農業者向けの講演で会場の都合もありますので、できれば参加申し込みを
   していただけると 助かります

   参加申し込み先:0244-26-1151(相双農林事務所)
 

RE:4ミズアオイ

 投稿者:digger  投稿日:2011年 1月14日(金)09時13分17秒
返信・引用
  なるほど~
やはり植物の移植はむずかいしんですねー。安易に移植を考えるよりその環境を保護していく事が大切なのでしょうね。
環境保護は、生物全般にも言えることであるし、ジャンルは違いますが文化財などについても言えることなんでしょうね。

ありがとうございました。
 

RE3:ミズアオイ

 投稿者:クリ  投稿日:2011年 1月13日(木)21時19分27秒
返信・引用 編集済
  diggerさん

ミズアオイは一年草なので移植に適した時期は芽生えからまもなくの新株に限られるのではないかと思います。

花の時期に移植しても健全な種子を落としてくれるかどうかがむずかしいと思いますので。

こちらではミズアオイの移植を3カ所で見ていますが、いづれも現在は全滅といっていい状態です。

いづれの移植にもかかわりませんでしたが、移植の時期が適切ではなかったのではないかと思っています。

また、ガマなど生育旺盛な植物が繁茂している河川の縁や、休耕地の一部を仕切って利用したことにより、休耕している間にそこに繁茂していた植物の種子のほうが生育旺盛で、ミズアオイが負けてしまった可能性が大きいと思っています。

ミズアオイの場合は種子が落ちていますので、私たちの目には見えなくなりますが、環境が整えばいつかまた日の目を見るはずです。

種子に託した植物の知恵と生命力を信じることにしています。

写真は庭のブルーベリーにやってきたツグミンです。
 

レンタル掲示板
/44